さまざまな国際法違反や国際公約を破り続けてきた中国が、ここに来て突如「国連中心主義」を持ち出し、これまでもルールを遵守してきたと強調し始めています。その真意はどこにあるのでしょうか。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、考えうる2つの理由を挙げそれぞれについて解説。やはり中国の国連称揚には、日本が大いに警戒すべき「裏の動機」がありました。

【中国】対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞

本日9月30日、アメリカ大統領選挙を前に、初めての大統領候補者によるディベートが行われました。

今回の大統領選挙では中国問題をどのように扱うかも一つの争点にもなっていますが、9月29日の人民日報はこのディベートを前に「中国問題をディベート・ショーのために悪用するな」と、くぎを刺すような解説を掲載しています。

● 美大選辯論在即 中官媒:不應濫用中國問題「做戲」

この論説では「アメリカ大統領選挙はアメリカの内政問題であり、中国には関心がない。同様に中国は独立国家として、独自の主権や安全保障、発展の利益を守る権利がある」ため、「アメリカの政治家はアメリカの内政に中国問題を持ち込むのはやめるべきだ」と要求しています。

中国の貿易問題のみならず、人権問題や台湾問題について、アメリカは口を出すなとけん制した形ですが、その一方で中国が力を入れているのが「国連称揚」です。

人民日報のネット版「人民網」では、わざわざ「国連創設75周年」というページを立ち上げて、国連主義を強調しています。これは日本語版でも見ることができます。

ここでは習近平国家主席が国連のグテーレス事務総長と行ったテレビ会談で表明した、次のような言葉が紹介されています。

現在もなお新型コロナウイルス感染症が世界中で拡大しており、世界の新型コロナ対策の手を緩めるわけにはいかない。中国は経験や手法を余すところなく各国と分かち合い、必要とする国々を引き続き支援していきたい。中国は国連機関、特に世界保健機関(WHO)が肝要なリーダーシップを発揮することを断固として支持し、国際協力と共同対策を強化し、人類衛生健康共同体を共に構築していく。

世界には一つの体制しかない。つまり国連を中心とする国際体制だ。世界には一つのルールしかない。つまり国連憲章を基礎とする国際関係の基本準則だ。中国はこれまでイデオロギーによる対立をしたことも、デカップリングを主張したことも、覇権を唱えようとしたこともない。

(出典:人民網ホームページ「国連創設75周年」)

WHOが中国の意向に沿って、台湾を新型コロナウイルスへの国際協調の輪から外したことは、もはや言うまでもありません。アメリカはWHOからの脱退を決定しましたし、台湾も新たな国際機関が作られるなら、そこへ参加したいという意向を表明しています。

中国は「国連憲章が世界のたった一つのルールだ」と言い、中国はルールを遵守してきたと強調しますが、国際ルールを守らないというのが中国であり、WTO違反や国際法違反を繰り返しています。アメリカが中国に要求しているのも、西側の資本主義経済の仲間入りをする際に約束した、経済の自由化という国際公約を守れということです。

また、香港にしても、イギリスとの「一国二制度の50年遵守」という国際公約を、いとも簡単に破ったわけで、都合の悪いことに頬かむりをするのも、中国のいつもの手です。

そもそも現在の中国は国連憲章に署名したわけではありません。国連憲章が署名されたのは1945年6月26日にサンフランシスコにおいて調印されました。

いうまでもなく、当時、中華人民共和国はまだ影も形もありませんでした。中華人民共和国の建国は1949年です。

つまり、この国連憲章に署名したのは中華民国です。しかし現在の中国は、「中国こそが最初に署名した国のひとつ」だという嘘を垂れ流しています。

9月21日の人民網では「中国が映し出す国連憲章の精神」という題名の記事で、「国連創設から今年で75年になる。1945年6月26日、50か国の代表が米サンフランシスコに集い、重要な文書である『国連憲章』に署名した。中国は最初に署名した国の一つだ。それから75年間、国連安保理常任理事国として中国は約束を誠実に守り、終始一貫して国連憲章の趣旨と原則を厳守しただけでなく、国連の発展のために際立った貢献を果たしてきた」などとしれっと記述しました。

これは「日中戦争に勝利した中国共産党」というプロパガンダと同様のデマです。

中華民国は1971年のアルバニア決議において、中華人民共和国のロビー活動の結果、国連安保理常任理事国の座を失いました。この決議では「蒋介石の代表を国連とすべての関連組織から追放する」とされており、これに怒った蒋介石は中華民国の国連からの脱退を決定したわけです。

このとき日本は佐藤栄作内閣でしたが、中国の国連加盟には賛成するものの、中華民国の追放には反対し、「二重代表制決議案」および「追放反対重要問題決議案」の共同提案国に連名しましたが、結果は否決、アルバニア決議が採択されたのです。

しかし、現在も国連憲章には中華民国が国連安保理常任理事国であるままです。ですから、中国は台湾の国連や関連機関のWHOへの参加を妨害するわけです。しかし国連憲章を忠実に守るならば、中華民国が常任理事国だということになります。

中国が国連中心主義を持ち出すのは、もう一つの理由があります。それは敵国条項があることです。国連憲章の第53条、第77条1項b、第107条には、第二次世界大戦での枢軸国を敵国と規定する「敵国条項」が現存します。

● 国連憲章テキスト

そこでは、もしも第二次世界大戦における敵国が、戦争の結果としての確定事項に反したり、この敵国が再び侵略行為を行ったとみなされた場合には、軍事的制裁を行うことができるとされています。

つまり、日本が中国の軍事的脅威に対して何らかの対抗措置を行った場合、中国は「日本が新たな侵略を始めた」と難癖をつけて、日本を攻撃することも可能だということです。

だから中国および親中派は、日本の再軍備や憲法改正について「軍靴の音が聞こえる」などと言って、侵略行為が再び始まると強調するわけです。

そうなれば「日本が中国から爆弾を落とされても仕方がない」ということになります。日本の親中派や左翼が中国の軍事膨張や軍事的冒険主義を批判しないのはそのためです。むしろ「日本が再び侵略を狙っている」というイメージを植え付けて、中国の軍拡や核保有を正当化しているのです。

日本にも国連至上主義を唱える政治家や論客がいますが、少なくとも国連憲章から敵国条項がなくならなければ、日本の国連至上主義は自らで自らの手を縛ることにもなりかねません。当然、世界第3位の経済大国である日本は常任理事国になる資格が十分にあります。

もっとも中国はアフリカや途上国を、経済支援という名の「債務の罠」によって自分の支配下に置き、国連において自国に都合のいいように操っています。そのような国連に対して、アメリカも距離を置きつつあります。

日本は中国の「国連中心主義」に警戒すべきであり、安易に賛同したり歩調を合わせるべきではありません。中国の真意を見抜き、戦略的に動くべきなのです。

ところで、日本のマスメディアは、アメリカの大統領選挙について、アメリカ国内の世論調査もふまえて民主党のバイデン有利と伝えていますが、ワシントンDC在住の私の友人は、トランプはほぼ安全圏にいるといいます。

台湾にとって、共和党のトランプと民主党のバイデンでは、かなり政策が異なってくると思われます。だからアメリカ大統領選挙への関心は、日本とは比べものにならないほどに高いのです。

今年は、台湾が国際社会の一員となれるかどうかの正念場だと思います。先進各国から国家として承認されるかどうか、そして日本の国会でも、せめて「中国に台湾への武力行使(侵略行為)放棄を求める決議」といった決議案が提出され、通過してほしいと願っています。

 

kou20200305-s『新型肺炎 感染爆発と中国の真実  〜中国五千年の疫病史が物語るパンデミック』
好評発売中!

image by: Harold Escalona / Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30) 人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23) 強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16) 9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09) 安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02) チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26) ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19) なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12) 反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05) 銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29) いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22) 中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15) 日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08) 次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01) 朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24) もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18) 中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10) 中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03) 中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27) 中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20) 「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13) アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06) 世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30) 「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22) コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16) もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08) 台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01) 欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26) 習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18) 【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11) 新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05) 『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19) 新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12) 新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05) WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22) 中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15) 黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13) 文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08) 謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

 

MAG2 NEWS