9月23日に明らかになった北朝鮮領海内での「韓国人銃殺」事件で、金正恩委員長からの「謝罪の通知文」が韓国側に届き、物議を醸しています。6月の南北連絡事務所爆破事件前後から「韓国無視」を続けた北朝鮮に何が起こったのでしょうか? メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』著者で北朝鮮研究の第一人者の宮塚利雄さんが、ヤクサクパルダ(小賢しい)金正恩の謝罪の真相を明かします。なお、通知文には「すみません」程度の軽い言葉しかなく、韓国国民の反応が文在寅大統領とは正反対である理由も記しています。

コロナ禍・水害・経済制裁の三重苦に加えて今回の蛮行、どう対処するか

北朝鮮を称して「ならず者国家」とは言い得て妙である。今回の韓国人男性射殺・焼死事件、これにいち早く金正恩朝鮮労働党委員長が反応して韓国側に「謝罪の通知文」を送ったが、この通知文の真贋が取りざたされている。また、この謝罪の通知文を受け取った韓国政府の反応は、多くの韓国民の感情とはまったく正反対の評価をするかのようなものであった。

事件の顛末については韓国側の説明と北朝鮮側の説明に異なる部分が多いが、韓国側の説明によると、事件は残酷極まりないものであった。北朝鮮領内の海域で漂流し疲労困憊している韓国海洋水産省の公務員の男性を北朝鮮海軍の警備艇が船に助け上げることもなく約6時間にわたり海中に留め置いて銃殺し、その後、海上に浮いた遺体に防毒マスク姿の北朝鮮兵士らが、海に油をまいて火を放ったというものである。

この北朝鮮兵士による蛮行に慌てた金正恩が事件発生2日後に、朝鮮労働党統一戦線部の名義で、「我々の海域で思いもよらない恥ずべきことが起きた」、「悪性ウイルスの病魔の脅威に苦しむ南の同胞」の韓国側に「大きな失望感を与えた」と謝罪の意思を伝えるように指示したという。

朝鮮語に「ヤクサクパルダ」という言葉がある。意味は「すばしこい、小賢しい、小利口、如才ない」であるが、いい意味で使われることはない。この金正恩の素早い対応について、北朝鮮問題専門家たちは、「韓国国民の対北朝鮮感情を和らげる」とか「国際社会からの北朝鮮=残忍な国家というイメージを払拭する必要があった」などと分析しているが、私はそれ以上に金正恩のメンツを保つことと、もっとも重要なことは、「韓国側からの経済援助、つまり『食糧支援』を求めなければならない状況下にある」ので、いち早く「謝罪」なる通知文を送ったというのが真相だろう。

ところで、金正恩は通知文で「恥ずべきことが起きた」(決して射殺などとは表現しない)と言っているが、叔父の張成沢を無残な処刑に処した張本人の言葉とは思えない。国民に「偉大な最高指導者」と言わせているこの無慈悲で残酷な「最高指導者」が本当に謝罪したのだろうか。

通知文では「金正恩が謝罪した」と言うことになっているが、謝罪とした語句は「ミアナムニダ(=未安です)」、つまり日本語では「すみません、すみません」程度の軽い謝罪言葉で、これで本当に心底から謝罪しているというのか。

朝鮮語で謝罪を意味する語句としては「サジェハムニダ(謝罪します)」、「サグァハムニダ(謝過します)」、「チェソンハムニダ(罪悚します)」などがあるが、これらの前に「テダニ(大端に、大変に)をつけ加えれば、立派な謝罪とはなるのだが、「ミアナムニダ」は謝罪を意味する言葉としては一番低い。本当に謝罪するのであればせめて「サジェハムニダ」か「サグァハムニダ」くらいは使ってもよさそうなものだが(ちなみに、小泉首相と金正日総書記との拉致問題の解決の会談では、金正日が「サグァハムニダ」と言ったと聞いている)。

北朝鮮側は、これまで文在寅大統領や韓国政府に対して罵詈讒謗の限りを尽くしてきたが、自らの非を認めて相手側に謝罪するときは、極めて差しさわりない言葉で対処しているようだ。このような謝罪の文書を「言うことを聞かなければ『南北共同連絡事務所』を爆破する」と言い放った厚顔の金与正女史が言うだろうか。

北朝鮮側にとって幸いなことは、大多数の韓国民とは異なり韓国政府と文在寅大統領が金正恩の謝罪声明を肯定的に受け止めていることだ。

韓国の情報機関「国家情報院」は、「射殺は金正恩委員長の指示ではない」と判断しており、国防部が事件現場の北朝鮮海軍の警備艇長が、「射殺しろですって?本当ですか?」と、上部に聞き返している交信を傍受しながらも、「射殺」の表現はなかったと釈明しているとのこと。事ここにいたり万事休す。

北朝鮮のマスコミも韓国側のこのような予想外の好対応を見越してか、今回のこの事件を「芳しくない事件」と表現し、韓国人男性を非情極まりない方法で殺害したことや、金正恩が韓国側に謝罪したことには言及していない。

当然のことだが、北朝鮮の労働党機関紙『労働新聞』を始めとするすべてのマスコミは、金王朝の御用機関であるから「偉大な指導者同志が南側に謝罪した」などとは報じることがない(できない)のも当たり前だが。

金正恩は9月29日に開かれた朝鮮労働党政治局会議に出席し、会議では新型コロナウイルスの感染防止策を討議したが、黄海での韓国人射殺には触れていないという。水害地域に乗用車で駆けつけたり、たばこをくわえながら意味不明の現地指導なることを行っているこの指導者に「謝罪する」ということはない。

問題は水害による稲作被害が甚大であり、国民に食べさせる「食糧」不足=配給不足の問題をいかにして解決するかであるが、穀倉地帯である黄海南北道や江原道、それに咸鏡南道など東海岸側の稲作地帯やトウモロコシ地帯での被害が大きく、北朝鮮の「食糧飢餓」は現実のものとなりつつある。

このような事態に、北朝鮮に食糧を援助できる(しなければならない)国は韓国だけである。“ヤクサクパルン”金正恩が自己のメンツを捨ててまでも南側に謝罪したとすれば、それは食糧支援を得るためのジェスチャーであった(この謝罪の通知文なるものが、捏造されたまがい物ではないかとの指摘も出ているので)。

北朝鮮に寛容な文在寅大統領と韓国政府は北朝鮮側からの「食糧支援哀願(哀訴)」を受け入れるだろう。狡猾な中国も国内の食糧事情は決して豊かではないが、最終的には「恩を着せて」食糧支援に応じるだろう。

問題はわが日本である。日本には余剰米(備蓄米・放出米)があり、「農林水産省」が9月30日に発表した、2020年度産米の作柄概況は「平年並み」で、このままの天候が順調に推移すれば供給過剰により米価が下落するとも予想している。

この「米余り大国日本の米」を北朝鮮は狙っているとも言われ、ゆめゆめこんな要求には乗ってはならない。日本人は忘れてしまったようだが、北朝鮮は日本から平成7年(1995)に「米の有償支援」を受けておきながら、いまだにその代金はおろか利息も払っていないのである。(宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄)

image by:Alexander Khitrov / Shutterstock.com

MAG2 NEWS