南国フィジーで中国人大使館員が台湾人スタッフに暴行を加えるというにわかに信じがたい事件が発生し、欧米諸国が中国に対して批判的な論調で伝えています。こと台湾に関しては強気一辺倒な中国ですが、習近平政権の「戦狼外交」と呼ばれる外交姿勢を強く非難するのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんは今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、「戦狼外交」は必ず自滅するとしてその理由を記すとともに、アメリカが描く究極にして仰天の「対中シナリオ」を紹介しています。

【台湾】中国の「戦狼外交」は必ず自滅する

● 台湾「強烈な抗議」 中国大使館員が台湾スタッフ暴行 中国側は事実否定

南太平洋の小さい島国フィジーで事件が起こりました。詳細は、以下、報道を一部引用します。

南太平洋の島国フィジーで8日、台湾の出先機関が主催した双十節(建国記念日)の祝賀イベントで、中国大使館員2人が強引に会場に入ろうとし、阻止しようとした台湾側のスタッフに暴行を加えた。1人が頭部を負傷した。中国大使館員はイベントの出席者を撮影することが目的だった。

● 台湾「強烈な抗議」 中国大使館員が台湾スタッフ暴行 中国側は事実否定

さらに、このような報道もありました。

中国外務省は19日の会見で、自国の大使館職員らは、台湾旗が描かれたケーキなど、宴会の詳細を知っていたと発表。外務省の趙立堅(Zhao Lijian)報道官は記者団に対し、「偽の国旗が会場に公然と飾られ、ケーキにもこの偽の国旗があしらわれていた」と指摘した。

● 台中外交官らがフィジーで乱闘、菓子の飾りの台湾旗が火に油?

事件の会場となったのは、フィジーの首都サバにあるグランドパシフィックホテルで開催された国慶節祝賀レセプション。主催者は、駐フィジー台北商務弁事処(大使館に相当)でした。招待客は100名ほどで、会場では国慶節を祝うためケーキも用意されていました。

報道によれば、その会場に招かれていない中国関係者2名が押しかけ、不躾に招待客の写真を撮り始めたそうです。そこで、台湾関係者が退場を求めると、中国関係者2名は暴力をふるって抵抗した、というのが事件のおおまかな流れのようです。

しかし、この事件に対して中国の言い分は全く違うとも報道されています。以下、報道を引用します。

一方中国側は、異なる説明をしている。在フィジー中国大使館は、同館の職員2人は式典当日に「公務」で「会場外の公共エリア」にいたと発表。台湾の職員1人が「挑発的な行動を取り、中国の外交官1人を負傷させ、損害を与えた」と主張した。

● 台中外交官らがフィジーで乱闘、菓子の飾りの台湾旗が火に油?

AFPBB Newsは、この事件を報じる記事の中で最後にこのようなコメントを付け加えています。

中国の外交官らは近年、自国の国益を国外で好戦的に追求する姿勢を強めており、この戦術は「戦狼外交」とも呼ばれている。

 

中国政府は2016年以降、台湾と外交関係を持つ7か国に断交させ、代わりに中国との国交を樹立させた。台湾を国として正式承認しているのは、南米と太平洋地域の小国を中心に15か国のみとなっている。

● 台中外交官らがフィジーで乱闘、菓子の飾りの台湾旗が火に油?

当然ながら、台湾メディアは中国を強く批判しています。台湾の行政院長の蘇貞昌は、「中國駐外人員耍流氓打人,非常不應該,我們嚴厲譴責(中国の駐在員がヤクザを使って起こした殴打事件は、あってはいけないことであり、我々は厳しく譴責する)」と、メディアに言っています。

● 斐濟人員遭中國欺負還悶不吭聲? 蘇貞昌:請國人諒解第一線人員辛苦

また、台湾側はフィジーの司法の場で正義を取り戻すとも言っていましたが、フィジー側はこれ以上の究明はしないと表明しました。

● 快新聞/中國毆我外交人員 斐濟警方「不再進行調査」:將以外交層級處理

事件が起こった場所はフィジーですが、台中の問題に巻き込まれたくない、台中双方の間で決着してくれといったところでしょう。

双方の主張はさておき、このニュースは世界を駆け巡りました。そして、日本でもそうですが、ネット民の反応はだいたい中国が悪いといった論調です。そもそも、欧米の報道は、中国が悪いという前提のような報道の仕方です。

中国は、このような稚拙で野蛮な行為をわざわざ世界に向けて発信して、一体何のメリットがあるのでしょうか。中国は卑怯で嘘つきだと自ら言っているようなものです。真実がどうあれ、国際社会は中国がどのような詭弁を弄しても、もう中国のことは信用しません。それほど中国は世界で信用を失っているのです。中国が、このような幼稚な方法で台湾をいじめればいじめるほど、世界は台湾の味方になります。

同時に、中国は必死に台湾に軍事的圧力をかけていますが、それも中国のマイナスにしかなりません。台湾はアメリカから様々な武器を購入し、自己防衛の準備を着々と進めていますし、万が一、台中間で武力衝突が起こったら、世界は中国を非難することでしょう。なぜなら、中国側が台湾を軍事的に挑発し続け、威嚇し続けていることを世界は知っているからです。

中国は、このような時代錯誤で稚拙なことは、中国にとって何のメリットもないことがどうして分からないのでしょうか。

中国の台湾に対する武力威嚇は、エスカレートするばかりです。しかし、武力行使するぞと威嚇するのはいつものこと。実際に武力行使して、中国が勝利できるかどうかは別の話です。

今の台湾にはアメリカという後ろ盾がついています。しかも開戦となれば、少なくとも中国のGDPの20%以上の軍事費がかかります。目下の中国政府にとっては痛い出費です。そのため中国は、本音を言えばなるべく開戦したくないはずです。

一方のアメリカが描いているシナリオは、最終的には習近平の逮捕劇ではないかと私は考えています。アメリカは、これまで何度か有名な逮捕劇を演じてきました。1990年、パナマ侵攻から始まったノリエガ将軍の逮捕劇。2020年、メキシコのシエンフエゴス元国防相がロサンゼルスの空港で逮捕された際の逮捕劇などです。

同様に、最終的に習近平を逮捕してアメリカの司法裁判にかけるのが対中政策の解決策だと、アメリカは考えているのではないでしょうか。荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが、江沢民元国家主席や李鵬元首相などは、チベット人の虐殺に関与したという罪で、スペイン高裁から国際手配され、逮捕令状も出されています。

● 虐殺・拷問大国、中国! 歴代国家主席が軒並み国際手配されても無視を貫く国!

習近平が行っているウイグル弾圧などは、明らかに「人道上の罪」にあたります。習近平が逮捕されるようなことが現実のものとなれば、世界にしろ中国にしろ、喜ぶ人間はいても悲しむ者はいないのではないでしょうか。

 

kou20200305-s『新型肺炎 感染爆発と中国の真実  〜中国五千年の疫病史が物語るパンデミック』
好評発売中!

image by: 360b / Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30) 人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23) 強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16) 9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09) 安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02) チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26) ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19) なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12) 反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05) 銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29) いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22) 中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15) 日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08) 次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01) 朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24) もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18) 中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10) 中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03) 中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27) 中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20) 「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13) アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06) 世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30) 「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22) コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16) もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08) 台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01) 欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26) 習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18) 【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11) 新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05) 『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19) 新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12) 新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05) WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22) 中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15) 黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13) 文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08) 謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

 

MAG2 NEWS