2月25日、ロシア外交官家族がトロッコに乗って北朝鮮国境の鉄橋を越え母国へと渡る映像が世界中に広まりました。メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』著者で北朝鮮研究の第一人者の宮塚利雄さんもこの映像には驚いたと告白。このような脱出劇が起こった事情を解説するとともに、コロナ防疫のため長引く国境封鎖がもたらしている悪影響に深い懸念を示しています。

ロシア外交官一家トロッコ脱出劇 北朝鮮からの外国人逃亡者が続出

長年にわたり北朝鮮問題に取り組んできたが、2月25日夜、ロシア外務省が暗号化メッセージアプリ「テレグラム」の公式アカウントに投稿した動画に驚き、北朝鮮にまつわる動画の中で思わず「えっ、本当?これは面白い映像だ。今までこのような動画は見たことがない」と、声をあげてしまった。

動画には女性らが乗った、スーツケースを満載した手押しトロッコを北朝鮮駐在のロシア大使館3等書記官のウラジフラフ・ソロキン3等書記官が押して、朝ロ国境の鉄道橋を越えるよう様子を映していたからである。

ロシア外務省は、2月25日「在北朝鮮ロシア大使館に勤務するロシア人外交官とその家族が手押しトロッコを使ってロシアに帰国した」と明らかにした。その中で「北朝鮮は新型コロナウイルス対策のためロシアとの国境を封鎖しており『他に手段がなかった』」とし、家族は3歳の娘を含む7人であった。

この家族は平壌から列車で32時間、バス2時間を使って国境付近に到着、その後、荷物を載せたトロッコで朝ロ国境に架かる鉄道橋(朝ロ友誼橋)を渡った。トロッコには動力がなく、同書記官が「メインエンジン」として、トロッコを1キロメートル以上押したとのこと。一家が鉄道橋を渡ってくる場面はロシア側から捉えられており、歓声をあげている場面に、北朝鮮から北朝鮮の人民が脱北する場面とは、あまりにも対照的であったために、思わず画面に引き込まれた。

北朝鮮のインフラを少しでも知っている者には、線路が4本あることに気がつくと思う。北朝鮮内は標準軌、ロシア側が広軌と規格が異なるためだ。列車を降りてからバスに2時間揺られたというからには、平壌から羅津駅まで来て、さらに豆満江駅の一歩手前の九龍坪駅まで行って、そこに用意されていた朝ロ合弁企業のトロッコに荷物と人を載せて国境の鉄道橋を越えて行ったのだろう。

北朝鮮の作業員がペンキを塗り替え、子ども用の座席を取り付けたというから、平壌を出る前からすでにこの一家のことは知らされており、急きょ臨時の手押しトロッコの改造車を仕上げたようだ。画面でトロッコのペンキの色があまりにも鮮やかなので、これは本当に北朝鮮製のトロッコかと思ったりした。

この前代未聞の喜劇のような「北朝鮮脱出劇(北朝鮮逃亡劇ではない)」に、これまで、これほど、ほのぼのとした北朝鮮関連情報がなかっただけに、非常に印象深い動画であった。

一家は伝えられるところによると、「2週間以上の自主隔離が求められる中国経由での帰国を断念し、唯一の手段として『徒歩による国境越え』を断行した」とのこと。北朝鮮を離れた理由は「子どもの健康問題」であったというが、北朝鮮は国境封鎖により海外からの食料などが入って来ないので、平壌に在住する外国人たちばかりか、北朝鮮の人民も厳しい生活を余儀なくされていた。

昨年3月には、ウラジオストックに向かう飛行機に、一度にドイツ・ロシア・フランス・スイス・ポーランド・ルーマニア・モンゴル・エジプトの各国外交官がまとめて出国したことがあったが、米国に拠点を置く北朝鮮専門サイト「NKニュース」は3月19日、平壌駐在の世界食糧計画(WFP)職員やチェコの外交官ら計20数人が18日、陸路、中国へ出国したと伝えた。

北朝鮮は新型コロナウイルス対策で、昨年1月末から国境を封鎖し、食材や日用品の不足が深刻化していた。このため、各国大使館は一時閉鎖したり、規模を縮小していた。NKニュースによると、今回の出国で北朝鮮には、国連機関や国際非政府組織(NGO)の外国人スタッフは1人もいなくなり、人道支援活動の影響が懸念される、と伝えている。

しかし、北朝鮮は、かつてこれらの組織に「まともな食糧援助も行っていないのだから、駐在する人員を削除するように」と勧めたこともあったものの、いざ、誰もいなくなると、どこから食糧援助を求めるのか。中国か韓国か、はたまた日本からか、北朝鮮の出方を見守るしかない。(宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄)

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS