トランプ前大統領の熱狂的支持者の中に数百万人単位でいると見られていた陰謀論「Qアノン」の信奉者が、実は3000万人以上もいるとする驚きの調査結果が公表されました。今年1月6日の米議会襲撃事件発生後に、新聞が「Qアノン」をどう報じていたかを検証しアメリカの分断の深刻さを伝えたメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』では、著者でジャーナリストの内田誠さんが再び、その後の「Qアノン」報道を追っています。トランプ氏の敗戦確定後に混乱しつつも陰謀論を捨てきれず、何かのきっかけで信奉者が勢いを増す可能性を感じ取っているようです。

トランプ氏を支えた陰謀論「Qアノン」を新聞はどう伝えてきたか?

きょうは《東京》から。「Qアノン」について重要な記事が掲載されています。当メルマガはこれまで、昨年の10月2日付と今年の1月6日付の2回、「Qアノン」についての記事を取り上げてきました(10月は「陰謀論」での検索でした)。いずれも《読売》からでしたが、今回《東京》が注目すべき内容の記事を掲載しました。

《東京》のデータベースで1月7日以降の「Qアノン」を含む記事は17件ありました。今回は、1月6日の記事のリンクを貼り、そこに今回の分を上乗せする形になります。まずは今朝の《東京》4面記事の見出しから。

「Qアノン」信奉者 3000万人以上?
共和・右派メディア 支持者に多い傾向

以下、記事の概要。昨年の大統領選に大きな影響を与えたとされる陰謀論「Qアノン」を強く信奉する人が、米国人口の10分の1に当たる3千万人以上とする調査結果を、米公共宗教研究所などがまとめた。全米の17歳以上5千人余りに実施された調査の結果で、これまでは数十万人から数百万人とする報道や専門家が多かったという。

調査は、「政界やメディア、金融界はこどもの性的人身売買を行う悪魔崇拝者に操られている」など、「Qアノン」の基本的な三つの陰謀論を信じる人が14%に達し、「総人口に当てはめると3千万人を超える」と。トランプ氏寄りの「ニュースマックス」など右派メディアを最も信頼すると答えた人は、3大ネットワークを最も信頼すると答えた人に比べ、「Qアノン」信奉者である確率が8.8倍高かったと。

●uttiiの眼

これまでの捉え方は「Qアノン」の影響力を実際の10分の1以下に過小評価していたということになる。巧妙に組み上げられた陰謀論(あるいはデマ)ということもあるだろうが、教養の比較的高い層にも受け入れられている可能性があるとしたら、それはネットとSNSいう情報環境のなせる技という点を抜きには考えられない。

ネット上では、既存のメディアが送り出してきた情報の属性のほとんどが、個人によって「再現」可能になっており、要は、テレビカメラによる撮影も、編集も、生中継も、キャスターぶり、コメンテーターぶりの発言さえ可能になっている。「情報配給者」としての独占性は、既に大手メディアから奪われてしまっている。そして、数千人が協力して作り上げているニュースと、個人が発信する「情報」とがサシで勝負できるかのような環境が、できあがってしまったということがある。

そこに、既存メディアはうそつきだという“情報”がネット空間に拡散されると、アッという間に「反感」が増幅され、大手メディアの信頼は失われ、正体不明の「Qアノン」が優位となる条件が生まれる。そんなことかと思う。それでも、「Qアノン」信奉者はまだ10人に1人に過ぎない、と考えることもできるが…。

【参考】2021年1月6日号掲載記事:
● 議会占拠のトランプ支持者らが信奉する「Qアノン陰謀論」と米分断の病理 – まぐまぐニュース!

【サーチ&リサーチ】

*きょう対象とするのは、「2021年1月10日〜5月15日」の17件の記事。

*1月6日の米議会襲撃事件を受けて、ツイッター社がトランプ氏のアカウントを「永久に凍結」。トランプ氏は「Qアノン」系の“情報”をしばしば「転載」していた。

2021年1月10日付
「一国の指導者が他人の投稿をこまめにリツイート(転載)するのも異例だ。大統領選が差し迫った昨年10月には、オバマ前政権下の海軍特殊部隊による国際テロ組織アルカイダ指導者ウサマ・ビンラディン容疑者殺害について「殺されたのは影武者で、オバマ前大統領とバイデン前副大統領はそれを隠蔽(いんぺい)するために特殊部隊を殺害した」という陰謀論「Qアノン」系による書き込みを転載した」と。さらに「トランプ氏はその後の市民対話集会で「Qアノンなど知らない」「転載しただけだ」などと釈明。「(主要)メディアがフェイクで腐敗しているからソーシャルメディアを使う。それがなかったら私は情報を提供できない」と訴えた」と。

2021年1月10日付
ロシアでシャーマン(祈祷師)によるコロナ封じの祈祷が流行っているとの記事の中で…。「米中西部ウィスコンシン州バーリントン。人口2万人ほどの町で教会の牧師を務めるジョン・ソーンゲート(32)は昨年夏、信者たちの異変に気付いた。教会の運営や新型コロナウイルスのワクチンの大切さなどを議論していると、彼らは突然、「陰謀論の話を始めるようになった」という。

「「マスクは呼吸に有害だ」「マスクをすると、子どもを誘拐するヤツだと思われる」。一部の信者らが口々に語るのは、ネットで広がる陰謀論「Qアノン」の影響を受けた偽情報だ。人種差別的、反ユダヤ主義的な思想も含む荒唐無稽な内容だが、全米で数百万人もの信奉者がいるとされる」と。

*信奉者は「全米で数百万人」ではなかった…。

2021年1月11日付
タイトル「「米議会占拠 暴徒は変装した極左」 偽情報 拡散に歯止めへ メディア ファクトチェック活発化」の記事中、以下の記述。「「顔をペイントして角をつけた男はアリゾナ州の有名なQアノン信奉者だ」。米紙USAトゥデー(電子版)は8日、特徴的な侵入者の写真とともに報じた」のは、共和党下院議員(複数)の中にも、事件は無政府主義者らがこの機会に議会を破壊したのかもしれないなどと発言していたため。

2021年1月25日付
タイトル「「Qアノン」信奉者の過激化懸念 一部は沈静化、なお陰謀論主張も」の記事中。「バイデン米大統領の就任で、「最後はトランプ(前大統領)が勝つ」と訴えていた陰謀論「Qアノン」の信奉者に動揺が広がっている」との指摘。米国土安全保障省は「Qアノン」信奉者を含む過激主義者による国内テロや暴動が起こる危険が高いという異例の声明を出している。

*彼らからすれば「あり得ない」事実を突きつけられ、「Qアノン」信奉者の頭の中は混乱しつづけているようだ。

2021年3月1日付
タイトル「陰謀論信奉者らにデマ拡散 「3月4日トランプ氏が再び大統領に」 SNS大量投稿「Qアノン」 議会襲撃時と同様ホテル値上がり」の記事では…。「「3月4日にトランプ前大統領が再び就任する」というデマが広がっている。同日が就任式だった20世紀前半までの慣習にちなむ偽情報」。バイデン氏の就任という事実を突きつけられ、頭の中だけ、偽情報に飛びつかざるを得ないところに追い詰められたのだろう。

●uttiiの眼

基本的には、バイデン政権が動き出すのと連動して「Qアノン」信奉者の心は揺れ動くものと思っていた。しかし、3月の調査時点ではあるが、今朝の記事のように今も「Qアノン」を信じている人が3千万人もいるということが本当であれば、まだそのことについて説得力のある説明、分析はなされていないと見なければならないだろう。

一つ考えられるのは、ネット上の陰謀論を支えている最大の力が、もしかしたら現在の共和党にあるという可能性だ。トランプ氏は、例えばナンバー3のチェイニー下院議員を要職から外させるなど、共和党内にある反トランプの動きを潰し、今も同党の「トランプ党化」を推し進めているように見える。もちろん、現状でトランプ氏になびいている議員の多くは、次の選挙を有利に戦いたいという思惑があって、そうしているに過ぎないのだろうけれども、それが党内のトランプ独裁を促進する力となっていることも確かだろう。

次期大統領選挙でのトランプ再選に向けて、また「Qアノン」がフル稼働する時がやってくるのかもしれない。これまで垂れ流してきた嘘など、なかったかのように…。その時、3千万人の信奉者たちは、それでも「Qアノン」は正しいと思うのだろうか。

image by:geogif / Shutterstock.com

MAG2 NEWS