先日掲載の「コロナ関連の規制もほぼ解除。ワクチン接種率7割に達したNYの今」では、経済も完全再開し、お祝いムードに湧く現地の様子を伝えてくださった、NY在住の人気ブロガー・りばてぃさん。今回りばてぃさんは『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』で、すっかり客足も戻り、売上もコロナ以前の水準となった飲食店の賑わいをレポート。さらにSNSで情報を得たという2種の日本の補助金を紹介しています。

【関連】コロナ関連の規制もほぼ解除。ワクチン接種率7割に達したNYの今【関連】凄まじい購買意欲。コロナに打ち勝った米国の「リベンジ消費」

毎回ニューヨークからの最新情報を届けてくださる、りばてぃさんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

米国が「飲食店からアルコール類お持ち帰りや宅配もOK」にしている訳 NY州は続々と様々な規制が解除

NY州は18歳以上の成人人口の7割が最低1回はワクチン接種をしたということで、400日間以上続いたコロナ禍の各種規制が撤廃されました。

【関連】コロナ関連の規制もほぼ解除。ワクチン接種率7割に達したNYの今

ちょうど先週末にお世話になっている方と実に1年半以上ぶりにお会いし、お食事にいってきましたが、飲食店内のお客さんや従業員とのしきり(たいがい透明のパーティション)はなく、店員やシェフの方々がマスクをしている以外はコロナ前に戻っていました。

インスタグラムの方に写真を掲載したのでご参考までにどうぞ:

● りばてぃインスタ

このお店は日本の有名な焼き鳥屋さんの「鳥しき」のNY店の「鳥えん」です。

コロナのパンデミック直前に新規オープンしたものの、焼き鳥弁当のテイクアウトを出す程度でかなり制限された営業しかできていませんでした。

例えば、カウンター席は特別な許可がないと利用できなかったため、写真にあるように満席ではなく、客同士の間は2メートル開ける必要があり、また透明のしきりをおくなどかなり厳しい基準だったのです。

それがすべて撤廃。写真をみていただいたようにシェフの皆さんがマスクをしている以外はコロナ以前のようです。

ただし、「鳥えん」さんは入店時の熱の計測は行っていました。

NY州は全面的な経済再開となりましたが、店や小売店によってはマスク着用や、熱の計測をします。

街中のほうが、ほとんどの人がマスクをしていませんが、している方もそれなりにいます。なお、地下鉄はマスク必須です。

つまり、あれだけ感染のひどかった街なので、完全に安心できるわけではなく、引き続き感染対策は皆さんそれぞれがちゃんとしている状況です。

それでも、一時期は他人と近づくだけで感染するのでは?という恐怖があり、それから解放されただけでもニューヨークの街はずいぶんと明るくなった印象です。

毎回ニューヨークからの最新情報を届けてくださる、りばてぃさんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

お酒のテイクアウトの許可も撤廃

日本はお酒の提供云々で規制がありますが、ニューヨークやその他の一部の州では飲食店からのアルコール類の持ち帰りやデリバリーをコロナ禍に許可していました。

理由は明確。飲食店の売り上げにとって非常に大事なのがアルコール類だからです。

特にカクテルを出す店はバーテンダーさんやソムリエさんたちの職がなくなってしまいますので、雇用確保のためもあったのでしょう。

アメリカは飲食店外での飲酒が非常に厳しい国です。公共のエリアでビールやお酒を飲んだら逮捕されます。なので、ご家庭に向けたデリバリーなどであっても許可されていませんでしたし、持ち帰りは当然ダメでした。

でもコロナ禍で飲食店の営業は制限され売上は大幅に減少。一方で客側もお酒が飲めたらいいのにという要望も…。

じゃぁ、お家でどうぞ飲んでください。あなたのお気に入りのレストランのカクテルやお気に入りのワインなどをデリバリーできますとなり特別に許可されていたのです。これを利用した方はかなりいたそうです。

そんな新たなルールでしたが、それが今週、撤廃されました。

今後はアルコール類のデリバリー(ビールは一部可能だったかもしれません)やテイクアウトができなくなりましたがそれだけ飲食店に人が戻ってきたということなのです。

ちなみに米国商務省とレストラン団体の5月までの売上発表によると、コロナ以前の2020年2月の水準(673億ドル、日本円にして7兆円ほど)までに戻っています。

ご参考:
● Total restaurant industry sales

以前お伝えしたように、リベンジ消費が加速するため小売業の売上増が予測されています。

【関連】凄まじい購買意欲。コロナに打ち勝った米国の「リベンジ消費」

経産省の給付金

まだまだコロナの規制が続く日本ですが経産省が企業向けの返金の必要のない給付金を事業計画書が認められれば最大6,000万円ほどの巨額で進めているようです。

たまたまクラブハウスで申請資料の説明をしているルームがあったので、読者の皆さんで必要な方いらっしゃたらぜひどうぞ。

● 事業再構築補助金 経産省

第2回公募の締め切りは7/2だそうです。

● IT導入補助金

こちらの締め切りは6/30です。

クラハのルームには実際に申請しておりたという人とダメだったという方がいまして、どうやら申請資料の内容の詰めが甘かったとかのようです。つまり、資料さえちゃんと作れた意外とおりますよ、という助成金だそうです。

詳しくはわからないので、もし申請されたいという方は調べてみると良いと思います。

毎回ニューヨークからの最新情報を届けてくださる、りばてぃさんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Lewis Stock Photography / Shutterstock.com

MAG2 NEWS