2021年12月19日、香港の民主主義は完全に息の根を止められてしまったようです。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、同日行われた香港立法会選挙で、民主派が史上初のゼロ議席となり親中派が圧勝したというニュースを紹介。さらに西側諸国の批判をよそに香港を手中に収めた中国が近く台湾に触手を伸ばすのは確実とし、今国会での対中非難決議を見送った日本に対しても注意を呼びかけています。

【関連】香港の自由は死んだ。現地新聞『リンゴ日報』休刊が伝える中国共産党の横暴

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2021年12月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

【中国】「愛国者治港」の次は「愛国者治台」「愛国者治日」を狙う習近平

● 香港立法会選、親中派「圧勝」 民主派初のゼロ 投票率過去最低

12月19日、香港立法会選挙が行われ、90議席中、89議席が親中派議員で占められ、非親中派は、業界別の間接選挙枠で当選した1人を除いて、すべて落選しました。また、今年5月に中国主導で変更された選挙制度により、候補者は一定数の親中派の推薦を得て、さらには中国や中国共産党に忠誠を誓う「愛国者」としての審査を通過せねばならなくなったことで、過去の立法会議で3〜4割の議席を確保してきた民主派は1人も立候補できず、結局、議会において民主派は史上初のゼロ議席となりました。

主要な民主派政党は、選挙制度の変更により立候補が事実上不可能になったため、候補者を擁立せず、その結果、有権者の投票率も2016年の前回選挙から半減し、過去最低の30.2%となりました。

中国政府はイギリスとの間で、香港の中国返還後、50年間は香港人による高度な香港自治を認めることを約束しました。この中国における香港人による高度な自治は、「一国二制度」(一国両制)という言葉でよく知られていますが、香港では「港人治港」(香港人による香港統治)という言葉もよく使われます。

ところが昨年には、中国共産党は香港国家安全維持法の施行を決定し、香港人の自治権を実質的に剥奪しました。

そして今回の選挙では、「港人治港」から「愛国者治港」(愛国者による香港統治)へと体制が正式に変わったと言われています。先述したように中国共産党に従う「愛国者」しか立候補できなくなったからです。

まさに、中国に支配され中国化が進むと、いかに民主主義が破壊されるのかということを、まざまざと見せつけられた選挙でした。

もちろん、西側諸国は即座にこの選挙と中国を批判しました。イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの外相らは、「政治的反対派が完全に排除された」と中国を批判し、また、G7とEUも香港議会選への懸念を表明しました。これに中国政府は「内政干渉だ」「香港は中国の香港だ」と反発・反論しています。

● 香港議会選、西側が非民主的と批判 中国は反論

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

そればかりか、中国は中国主導の改革で香港は「秩序が回復した」とまで自画自賛しています。そして香港立法会選挙の翌日20日、中国政府は香港の民主主義に関する白書を発表し、「香港の民主主義システムを設計し、創造し、保護し、前進させているのは中国共産党である」と主張したのです。

● 「愛国者」による香港議会選、親中派が圧勝 「秩序を回復」と中国

この香港の立法会選挙の結果は、中国による台湾統一がどのような結果をもたらすかということを物語っています。もし台湾が中国に支配されれば、現在の民進党は非合法化され、候補者が立候補できなくなることは目に見えています。

台湾でも「台人治台」(台湾人による台湾統治)という言葉がありますが、この香港の結果を受けて、中国共産党および習近平は「愛国者治台」の実現を狙っているということが台湾で論じられるようになっています。

もちろん中国共産党は台湾の法律にコミットできません。だから親中・媚中の国民党に接近し、民進党に対する誹謗中傷のフェイクニュースを流し、再び国民党政権を樹立したうえで民進党を非合法化し、台湾の政界を親中派一色に染めて、実質的に中国の支配下に置こうというわけです。

このように、自由な主義主張を抑え込んで、立候補の自由も奪い、ひたすら中国共産党に都合のいい人物ばかりが選ばれるという茶番を、中国は「中国式民主」と呼んでいるわけですが、先週のメルマガも述べたように、「鹿を指して馬となす」ようなものです。

【関連】全世界が失笑。あの習近平政権が主張した「中国的民主」につける薬

あるいは、天を指して海と言っているようなものです。こうした屁理屈によって、名前と実態がかけ離れることが、中国では非常に多いのです。また、そのことが政治の混乱や戦乱の世を招く一因となってきました。

かつて衛の国の王が孔子に対して、「先生をこの国に招いて政治を行うなら、先生は何を第一にしますか」と問うたところ、「必ず物の名前を正すことから始めます」(必ずや名を正さん)と述べました。

物の名前が正しくなければ、その定義も混乱してしまいます。名称と分限が一致していないと、君臣や上下の秩序が保てません。名称と分限の一致を求める思想を「名分論」ともいいます。そしてこの名称と分限の不一致こそが、混乱の大きな原因とされたのです。

だからいくら「中国式民主主義」と名付けたところで、実質は独裁専制主義なので、名と実が合っていません。孔子の時代から政治混乱の理由であった名と実の不一致を、現在も中国は行っているというわけです。

こうした矛盾は、今回の香港立法会選挙でも見られました。今回の投票率は前述したように、30.2%で過去最低でした。あまりに低い投票率は、投票結果の正当性を疑わせます。そのため香港政府は選挙当日、MTRやバスなどの公共交通機関をすべて無料にし、投票率を上げようとしました。

ところが一方で、武装警察を投票所に常駐させ、町のパトロールを強化することで、民主派の有権者が投票したり、中国政府に都合の悪い主張を演説したりしないように、規制を強化したのです。一方で投票を促しながら、一方で投票を阻止しているわけです。台湾の自由時報は、そのことを強く批判しています。

● 香港立法會選舉:港府左手打右手 立法會選舉投票率創新低不意外

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

こうして香港の民主主義は実質的に「死」んでしまいました。情報や思想が統制されたことで、当然ながら経済も統制経済の色が濃くなっていくはずです。それを察知してか、香港の株式市場もどんどん値を下げています。

● HSI・インデックス 香港ハンセン株価指数

アジアの金融センターであった香港は、ますますその地位を低下させていくことになるでしょう。そうなれば、中国と西側諸国の分離(デカップリング)が一層進むことになります。

そして次は台湾問題が中国と西側諸国の分岐点になることは間違いありません。欧米諸国が現在の台湾を支持しているのは、これが次の大きな争点になるからです。

一方、日本では中国を念頭にした人権問題での非難決議が今国会でも見送られることになりました。自民党の茂木敏充幹事長が「内容はいいがタイミングの問題だ」として、決議採択を認めない考えを示したからです。

● 対中非難決議 今国会でも見送りへ

五輪を前に、そして香港選挙を受けて、非難決議を行うにはちょうどいいタイミングだと思うのですが、もしかすると、茂木幹事長にとって「自分が幹事長でいるあいだは、タイミングが悪い」ということなのかもしれません。

いずれにせよ、日本もいつのまにか「(中国の)愛国者治日」とならないように、政治家に対しても目を光らせておく必要があります。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

 

kousyoei20210128
最新刊
『バイデン政権がもたらす新たな米中危機 激震する世界と日本の行方』
好評発売中!

image by: S. Tsuji / Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30) 人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23) 強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16) 9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09) 安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02) チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26) ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19) なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12) 反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05) 銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29) いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22) 中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15) 日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08) 次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01) 朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24) もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18) 中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10) 中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03) 中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27) 中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20) 「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13) アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06) 世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30) 「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22) コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16) もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08) 台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01) 欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26) 習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18) 【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11) 新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05) 『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19) 新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12) 新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05) WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22) 中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15) 黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13) 文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08) 謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

MAG2 NEWS