尹錫悦大統領就任後、初の首脳会談で二国間での対北朝鮮圧迫や抑止力について強調していたアメリカと韓国。しかし、その二国は同時にコロナ感染が発表された北朝鮮に対して支援も行いました。それに対する北の返事は─。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴30年を超える日本人著者が、韓米首脳会談から見た北朝鮮への姿勢について詳しく語っています。

韓米のコロナ支援に対し弾道ミサイル3発で答えた北

北朝鮮が25日午前、東海上にミサイルを発射した。

韓米首脳会談で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領とバイデン大統領は強力な対北朝鮮圧迫と抑止力を強調する一方、COVID-19支援など人道的支援の手も同時に差し出したが、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はミサイルで返事を返してきた。

合同参謀本部によると、軍は25日午前6時、6時37分、6時42分ごろ、北朝鮮の順安(スンアン)一帯から東海(日本海)上に弾道ミサイルがそれぞれ1発ずつ発射された事実をつかんだ。

合同参謀本部は「現在、韓国軍は監視と警戒を強化し、韓米間の緊密な協力を図り、万全の態勢を維持している」と明らかにした。

バイデン大統領は韓日歴訪を終え、前日24日の午後6時ごろ、日本の横田空軍基地から出国した。

バイデン大統領が乗ったエアフォースワン飛行機がまだアンドリュース基地に最終到着する前にミサイル挑発が行われたわけだ。

尹大統領は尹政府発足以来2度目、韓米首脳会談の4日後に行われた北朝鮮の挑発に対し直接国家安保会議(NSC)を招集した。

龍山(ヨンサン)大統領室庁舎に25日午前7時10分ごろ出勤し、7時30分ごろから会議を主宰した。それだけ状況を厳重に認識しているという意味だ。

北朝鮮の挑発はすでに予想された手順だった。

韓米当局は情報資産で探知した内容という事実まで異例的に公開し、バイデン大統領のアジア訪問に際して北朝鮮が挑発を敢行すると数回言及していた。

核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射準備がすでに終わっており、北朝鮮の決心次第だという状況だった。

ミサイル発射は韓米が予想した通り、北朝鮮が本来の彼らのスケジュールによって核・ミサイル武力を強化する過程とも見られるが、韓米および日米首脳会談とクアッド(QUAD、米国・日本・オーストラリア・インド間安保協議体)首脳会議など首脳級ビッグイベントで欠かさず北朝鮮核を糾弾するなど、原則的な対応が強調されたことに対する反発の性格も強い。

21日、ソウルで開かれた尹大統領とバイデン大統領間の初の首脳会談の結果である共同声明で、北朝鮮に対する抑止と圧迫は以前より強い水準に復元された。

北朝鮮の核武力を「脅威」と規定し、ミサイル挑発を「糾弾」しただけでなく、金正恩が敏感に反応する北朝鮮人権に対しても「深い憂慮」を表明した。

また、北朝鮮が放棄すべき対象を核・ミサイルだけでなく、生物・化学兵器などの大量破壊兵器(WMD)にまで拡大して規定し、対応しなければならない北朝鮮の脅威にサイバー攻撃までも含めた。

宣言的規定に加え、韓米は拡張抑制力も大幅に強化することにした。

「バイデン大統領は核、通常兵器およびミサイル防御能力を含め、利用可能なすべての範囲の防御能力を使用した米国の韓国に対する拡張抑制公約を確認した」という内容が含まれた。

韓米首脳級でこのように具体的に拡張抑制手段を明示して明らかにしたのは事実上初めてだった。(米は結局何もやらないんじゃないかという韓国側の不安を払しょくする形となっている)

共同声明はまた「必要に応じて米軍の戦略資産を時宜にかなった調整方式で展開することに対する米国の公約を再確認した」という内容も盛り込んだ。

戦略資産の適期展開を明示したことに対して大統領室は「具体的措置と関連して公約を実際の行動で後押しするという点を強調した」と意味を付与した。

これに加え両国は2018年以降、延長および縮小を繰り返してきた韓米合同訓練および演習も範囲と規模を拡大するため、協議を開始することで合意した。

実質的抑止力の強化のほか、外交的にも文在寅政府が対北朝鮮対話局面の造成のためにぶん投げてしまったカードを再び蘇らせるという意味も大きい。

韓半島周辺の戦略資産の展開や連合訓練は、北朝鮮がこれまで公に反発してきた代表的な事案だ。

しかし、韓米首脳レベルで今後5年間、このような原則を維持すると明らかにしただけに、反発は予想された。

韓米首脳はその一方で、北朝鮮に対する人道的支援は常に開かれているという点も忘れなかった。

特に北朝鮮の新型コロナウイルス感染症危機に対してバイデン大統領は記者会見で北朝鮮に新型コロナウイルス感染症ワクチンを支援できると確認し、ユン大統領も「政治・軍事的事案とは別に人道主義と人権の次元で積極的に支援する用意がある」と話した。

しかし、このような「暖かい」手を差し伸べたにもかかわらず、北朝鮮がミサイル3発で答えたのは、韓米の人道的支援提案には当分応じる考えがないという強い意志表示と見てとれる。

これは、北朝鮮が新型コロナウイルス感染症の感染者発生を初めて認めてからわずか13日ぶりの25日、2日間の死亡者が0人を記録したと発表するするなど、自主的な防疫能力で新型コロナウイルス感染症を克服中だと主張することとも無関係ではない。

北朝鮮当局は、このような自信を誇示し、民心の動揺を防ぐために全力を尽くしているわけだ。

北朝鮮のミサイル発射が、中国やロシア軍用機の韓国防空識別圏(KADIZ)への無断進入と1日おきに相次いで行われたという点も注目に値する。

中ロ軍用機はバイデン大統領が来日最終日の日程を消化していた24日、数回にわたってKADIZを侵犯した。

バイデン大統領は今回のアジア歴訪を通じて「民主国家VS独裁国家間の対決」に備えるため、日米韓を中心としたアジア同盟・友好国との連合戦線構築を最優先順位に置いたが、これに北中露が連合して反発する形となった。(中央日報ベース)

(無料メルマガ『キムチパワー』2022年5月26日号)

image by:尹錫悦 − Home | Facebook

MAG2 NEWS