東部戦線でのロシア軍優勢が伝えられるウクライナ戦争。しかしその状況は、「一時的」なものに終わる公算も高いようです。今回のメルマガ『uttiiジャーナル』では著者でジャーナリストの内田誠さんが、刻々と変化する戦況について解説を交えつつ詳しく紹介。さらにアメリカが新たにウクライナへの供与を決めた2つの兵器がこの戦争の質を変え、米国が目的としている「ロシアの弱体化」以上のことが起こる可能性を指摘しています。

読みやすさを追求した情報リテラシー指向の時事評論を展開する内田誠さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

「デモくらジオ」(6月10日)から:いま「ロシア弱体化」以上のことが起ころうとしているウクライナ戦争

現在ただいまのウクライナの情勢というのは、みなさんご承知の通り、東部にロシア軍が戦力・兵力を集中して、非常に激しい戦いが、特に最後の要衝といわれるセベロドネツクというところで行われてきた。おそらく市街戦のような形に最後はなっていたのではないかなと、想像に過ぎませんけれど。

なんとも血なまぐさい話なのですが、どうやらロシア軍がセベロドネツクの支配権を100%確保したのではないか、という情報が多くなってきています。ですが、これで終わるのかというと、ルガンスク州に関してはもう一カ所、ロシア軍が抑え切れていない場所があって、それはセベロドネツクから川を渡った先のところらしいのです。ここをロシア軍から見て落とすためには川を渡らなければならない。

ところが渡河作戦というのはこの間3回ですかね、ロシア軍は大失敗をしていて、ものすごい数の兵員をそこで失っているんですね。でも、ロシア軍は常に大軍で押し寄せてきていますから、委細かまわず前に失敗したのと同じやり方でトライして、やはり同じようにやられてしまうということがあった。さすがに3回失敗していると、次はどうなるのかと。ここの攻防に関してこれからしばらくの間、色々な情報がでてくるのかもしれません。そんなところですね。

それ以外にメディアで語られていることは、一つはウクライナからの穀物輸出を巡って、世界の広い範囲で飢餓が起こるのではないかという。これも責任のありかに関しては、ロシアを非難する声が最も多く、ロシアが黒海を事実上封鎖しているということ。穀物を積んだ船がウクライナから外に出られないのは、ロシアの黒海艦隊のせいだというふうに考えられますし、ロシア側から見ると、そうではなくて、あれはウクライナが封鎖しているのだという、もう何か、マジですかといいたくなる屁理屈だけれど、そんな理屈もあるのでしょう。ここにものすごく大きな問題がある。

それからルガンスク州を全部落とすことの意味は…。6月12日は「ロシアの日」というのだそうですね。ロシアの建国記念日になっている。6月12日の式典の前にしかるべき戦果を上げて、それを手土産にと言ったらなんですが、その日に発表・報告できるようにしたいというロシア政府の意向があるのではないかという議論がある。いや、そんなの関係ないですよという議論もあり得ますけれど、彼らの目論見通りに達成されれば、大きく喧伝するでしょうね、きっと。それは間違いないことだと思うのです。

それからプーチンさんの体制の歴史的な意味について色々な研究者の見方などがこの間メディアの中でずいぶん出てきています。で、そこで一つ鍵になるのはかつてスターリンというとんでもない指導者がいたわけですけれど、大粛清を敢行した人で、自分の権力維持のためにごく近い人を含めて、1千万人くらいが犠牲になったのではないかといわれるくらい。ロシア共産党ソビエト共産党の内部も外部も含めて「人民の敵」ということになると、すぐに処刑なんですよね。そういう世界があったということ。ただスターリン率いるソ連軍がナチスドイツを破って第二次大戦に勝利したので。その間には2,700万人の犠牲者が出てもいるのですが、そういう戦いに勝利した英雄としてのスターリン。これにも、そうではないという議論が出てきていますが、そのスターリンを再評価する動きが非常に強まっていて、粛清の犠牲者についての議論(復権)もしにくい状況になっているようですね。

読みやすさを追求した情報リテラシー指向の時事評論を展開する内田誠さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

と思っていたら、プーチンさん今度は…。これまでは、ソビエトの時代に戻りたい、その時代にロシア民族の国家としてはロシア、ウクライナ、ベラルーシ、それからジョージアもそうですかね。ちなみにスターリンはジョージア、以前はグルジアといいましたが、そのジョージアの出身ですね。その4つの国がロシア民族中心。それ以外にもキルギスからカザフから、他の民族の国家もたくさんあるわけですが、そういうソ連の復興、とりわけロシア人の国家としての4つの国のまとまりと、その復興を目指しているのではないかというふうな見方をする人がいて、ああソ連に回帰したいしたいんだねと。そこにスターリンの独裁ということも加わってくるのですが、最近はなんと、ピョートル大帝まで遡っているらしく、つまりツァーリの時代に戻るというか、ピョートル大帝を評価する議論をプーチンさんがし始めているようですね。すげえなと思いましたけれど、いくら何でもそこまで遡るかよという感じですが、本当らしいんですよ。

で、そういう強い指導者の下でとりわけナショナリズム、愛国主義みたいなものを武器として若い人たちも捕まえるというか、引きつけて求心力を発揮し、独裁制への支持を固めていくという、そういうことをやってきているようでして。メディアにこの問題でよく登場する人って、防衛省の防衛研究所の人が多いじゃないですか。その防衛省の人が愛国主義について(否定的に)口にされたりしているのですが、おいおい、教育基本法に教育の目的の中に国を愛するということを書き加えた安倍政権のときのことを思い出すと、一応政府の関係者が愛国主義を悪く言って良いのかと皮肉を言いたくもなります。

で、現在ただいまとしてはそのような、ロシア軍が優勢という形になっているのですが、東部から南部オデッサにかけて、さらにモルドバの方に全部つなげて一つの領土にして、全部ロシアにしてしまうという計画については以前から指摘されていることですが、そういう方向に進んでいる。

戦争そのものについては、ロシア軍は、将官が、一番少ない見積もりで12人戦死している。少将とか中将とかの司令官クラスの人たちが、数え方によっては20数人ウクライナ侵攻の中で死んでいる。これはすごいことです。司令官が爆撃やら狙撃やら、戦闘によって亡くなっていく。前線にいるということだけですごいことですが、そんな被害を出している。そもそも戦争の目的さえ分からぬまま連れてこられた兵隊がたくさんいる、本来、戦線に出してはいけない徴兵の兵隊も出していた。その他、軍内部の色々な問題が吹き出してきているようですし、兵員が足りないので、東部の戦線でも親ロシア派の予備役、ウクライナ人ですよね、その予備役を動員することまで行われているところを見ると、かなり兵隊の損耗が激しくて、正規軍を補充できなくなっているということかと。

兵器の方も60年くらい前の戦車が登場しているということもあります。半導体が手に入らなくなってきていて、多分、誘導弾とかミサイルというのは、要は爆弾のついたコンピューターということですよね。しかも通信で制御してGPSで制御したりする。そういうものを作らなければならないわけですね。それが、半導体が制裁で入ってこなくなり作れなくなっていく。中国が送ってくれるかというと、多分、中国はそれを出さないだろうと思うんですね。そういうなかで有効な兵器もどんどんなくなっていく。長い期間紛争が続くといっても、この間さらに強化されようとしているいわゆる西側からの近代的な兵器、こういうもののまえにロシア軍は対抗できるのだろうかというくらい。これから戦力の差がダーっと拡がっていくのではないかと思うのです。その前にウクライナ軍がヘロヘロになって戦える人がいなくなってしまったら、それはまた別問題かもしれませんが。

読みやすさを追求した情報リテラシー指向の時事評論を展開する内田誠さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

もしかしたらとどめの軍事援助になるかもしれないと言われているのが、長距離の連装ロケットシステム。ハイマースとかマースとかいう奴。これだと80キロくらい離れたところのロシア軍の兵站であるとか弾薬庫、基地、そういうものを突然ミサイルで襲うことが可能になる。ただ、相手がどこにいるのか分からないとそれも出来ないよねと言っていたら、なんとまた驚愕のニュースが入ってですね、アメリカの無人機グレイイーグルという通称、愛称とは言いたくないですけれどね。気味の悪い形をした無人機ですので。大分前にリーパーという暗殺用の無人機がありましたけれど、その後継機なんですよね、グレイイーグルは。で、リーパーよりも戦争に関しては遙かに能力が高くなっていて、ハードポイントという、爆弾を吊り下げる場所も4カ所に増えていて、誘導爆弾とかミサイルを積むことができる。そういうものが、どうも導入されるのだそうです。

なんか、全然違う戦争になっていく気がしますよね。無人機の存在の意味はおそらく爆弾を落とすとか落とさないという話ではなくて、偵察ですよね。8,000メートルくらい、といいますから、旅客機が巡航するくらいの高高度を36時間くらい飛んでいられるんですよ。

おそらく天候とは関係なく地上の様子がモニターできて、ロシア軍のどこを叩けばいいかを見つけてそれをリンクで送り、そこをめがけて多連装ロケットをぶっ放す…。そんなことをやられると、これはかなりの戦力ですね。きっと。当初、300キロ飛ぶ弾も撃てるので、ロシア領内を攻撃されてしまうと、いくら何でもプーチンがカンカンになるから、核を使われるというような話になるとまずいので、その兵器は送りたくないというようなことをバイデンさんも言っていた。ですがそれを批判されて送るということになった。ただし、そのときにはウクライナ側がロシア領内を攻撃はしないという約束をしているという話になっていた。でも、そんなの必要ないのですよ。

今言った話で言えば、80キロも飛べば十分で、ロシア側に80キロ飛ぶ長距離砲がないということですよね。それで攻撃されれば前線のロシア兵たちは補給がなくなって包囲され、殲滅される、そういう形の戦闘がウクライナ各地で一つ一つ順番に展開されていったら、これはもう音を上げざるを得ないでしょう。それだけのロケット砲の分量があるかという問題はありますが、このグレイイーグルの運用はどうやらアメリカ国内の場合、12機を一度に運用して、それを5カ所のコントロールセンターでやるということだそうですね。

それと同じことをウクライナ国内でウクライナ軍がやるとしたら、それだけの人数の兵隊というよりオペレーターが必要。無人機をコントロールして戦闘任務に就くということになるでしょうね。そういう人をウクライナの兵隊の中から、今既にその分野のことをやっている人はいるのでしょうが、アメリカ製のグレイイーグルのシステムを運用できるオペレーターがそう簡単に養成できるのだろうかというのがちょっとあって。なんか、何の根拠もないですけれど、アメリカ兵がやるんじゃないのという感じがしてきますね。

(少なくとも)そういうシステムと戦うロシア兵というのは、これはやっぱり米軍と戦っている印象がどんどん強くなるのではないかという気がしていて、それは戦争がどういう形で平衡を迎えるか、終わるのか、分かりませんけれど、その後の世界の中で、ウクライナという国の姿を全く違うものに見せていくのかなと。だからオースティンさんというアメリカの国防大臣がいますけれど、ロシアを弱体化するのが目的だともう言っていますが、弱体化以上のことが何か起ころうとしているのかもしれない、という気がしています。もしかしたら、今、ロシア軍がちょっと有利になっている、勝っていると見えているのもごく一時期のことで終わるのかなと思います。

(『uttiiジャーナル』2022年6月12日号より一部抜粋。全てお読みになりたい方はご登録ください、初月無料です)

読みやすさを追求した情報リテラシー指向の時事評論を展開する内田誠さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Drop of Light / Shutterstock.com

MAG2 NEWS