金の力にあかせて小国や途上国を取り込み、国際社会からの台湾の排除を目論む中国。しかしそんな大国に屈しない姿勢を堂々と示したツバルの行動が世界に報じられ、称賛の声が上がっています。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、中国の札束外交に転ぶ国が相次ぐ中、南洋の小国であるツバルが台湾との外交維持を選択した理由について考察・解説。その上で日本政府やアメリカに対して、今後中国による嫌がらせや圧力が予想されるツバルへの支援の強化を呼びかけています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2022年6月29日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

初月¥0で読む

【中国】中国の12万分の1の小国が中国の恫喝に屈しない理由

● 国連海洋会議 中国、台湾人の出席認めず ツバル外相が退席し抗議

6月27日にポルトガルで開催された国連海洋会議(UNOC)で、ツバル代表団のメンバーとして加わっていた3人の台湾人が、中国から出席を拒否され、会議から排除されてしまいました。しかし、これに対してツバルのコフェ外相は敢然と会議を退席し、中国への抗議の意を表したのです。

ツバルといえば、ポリネシア最西端の諸島国家であり9つの環礁島からなります。海面上昇により水没の危機にさらされていることでも知られ、コフェ外相は昨年11月に開催された国連気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で膝まで海に浸かりながら気候変動対策を求めるスピーチを行ったことが、メディアに大きく取り上げられました。

● ツバルの外相、膝まで海に浸かりながら、気候変動対策を訴える【COP26】

現在、南太平洋諸島に対して、中国が経済支援を餌に外交攻勢をかけていることはよく知られています。とくにソロモンとキリバスは、支援と引き換えに台湾と断交しました。ツバルに対しても、中国は海面上昇に対処するために4億ドルの人工島建設をもちかけました。しかし、ツバル政府はこれを拒否し、台湾と外交関係を維持しているマーシャル諸島、パラオ、ナウル3カ国との連携を強化する方針を打ち出しています。

● ツバルが中国企業の人工島建設提案を拒絶、親台湾姿勢を堅持

これらの国々のうちパラオについては、中国からの圧力にも屈せず、台湾との国交を維持していることについて、以前のメルマガでもご紹介しました。

● 台湾とパラオという日本が統治した国が、今も中国に屈しない理由
● 中国から嫌がらせを受け続ける2国、台湾とパラオで今も息づく「日本精神」

ツバルは独立国としてはナウルに次いで人口が少ない国です(厳密にはバチカン市国が世界で最も人口が少ないですが、世界中に13億の信徒がいるので除外)。人口はわずか1万1,000(ナウルは1万人)。中国の12万分の1です。そのような小国が、大国である中国の圧力に屈せず、堂々たる外交を行っていることは、大変な称賛に値します。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月¥0で読む

 

ツバルと台湾の関係は深く、1979年から国交を結んでいます。ツバルは台湾の国際組織への参加についても支援しています。6月20日には台湾の蔡英文総統がツバルの新大使の信任状捧呈を受け、その際に、蔡英文はツバルの台湾支援に対して感謝の意を表明しました。

また、ツバルは、水没の危機と関連した気候問題について、環境をテーマとした作品を手がけている台湾人アーティスト、黄瑞芳(Vincent J.F. Huang)氏をツバルの気候危機担当大使に任命しています。

● ツバルのパエニウ新大使、信頼とロイヤリティで台湾に報いると強調

黄瑞芳氏は、ツバルのカウセア・ナタノ首相と共にCOP25への出席や国連事務総長との会談なども行っています。今回の国連海洋会議で中国から拒否された3人の台湾人に黄瑞芳氏が含まれているかどうかはわかりませんが、中国側は台湾が国連加盟国でないことを理由に、台湾人の入場を阻んだそうです。

では、なぜツバルは中国の誘惑や圧力をはねのけ、台湾との国交を維持し続けるのでしょうか。そのヒントは、ツバルの外交方針にあります。ツバルは「平和愛好国とのみ国交を持つ」という方針を有しているのです。そのことは、下記の太平洋諸島センターの「各国情報」にも掲載されています。

● 国際機構太平洋諸島センター 各国の情報 ツバル

もちろんツバル政府は中国を非平和愛好国だと表明しているわけではありませんが、中国になびかないのは、やはりこの外交方針が大きいのではないでしょうか。中国が台湾に対して「文攻武嚇」(言葉と武力で攻撃・威嚇すること)を執拗に繰り返していることや、香港で香港人の自治権を無理やり奪ったこと、ウイグル人への弾圧、南シナ海の侵略行為などを見れば、どう考えても「非平和愛好国」です。

しかも中国は、ソロモン諸島と安保協定を結び、彼の地に中国の船舶寄港や中国軍・警察の派遣もできるようになりました。ソロモン諸島が中国の軍事基地化する恐れが出ているのです。

それだけにツバル、パラオ、マーシャル諸島、ナウルという南洋4カ国が台湾と国交を維持し、さらには対中国で一致団結することは、台湾のみならず、近隣のオーストラリアやアメリカ、さらには日本にとっても非常に重要なことなのです。

そのため、岸田首相も4月に、ツバルの首脳とも中国対策の一環として会談を行っています。

● 首相、カンボジア首相らと会談 ツバルとは中国の海洋進出を議論

ツバルが中国の嫌がらせに対して毅然とした態度を示したことは、他の小国にも大きな勇気を与えるものだといえるでしょう。それと同時に、今後、中国の同国へのさらなる嫌がらせや圧力も予想されます。

中国の圧力に一致団結して立ち向かうことを示すために、台湾はもちろんですが、日本やアメリカもツバルを支援する体制を強化すべきだと考えます。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月¥0で読む

 

 

kousyoei20210128
最新刊
『バイデン政権がもたらす新たな米中危機 激震する世界と日本の行方』
好評発売中!

image by: Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30) 人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23) 強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16) 9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09) 安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02) チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26) ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19) なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12) 反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05) 銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29) いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22) 中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15) 日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08) 次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01) 朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24) もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18) 中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10) 中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03) 中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27) 中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20) 「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13) アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06) 世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30) 「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22) コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16) もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08) 台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01) 欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26) 習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18) 【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11) 新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05) 『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19) 新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12) 新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05) WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22) 中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15) 黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13) 文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08) 謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

MAG2 NEWS