アメリカのバイデン政権の支持率は急落を続けており、かなり危機的な状況に陥っています。秋の中間選挙ではバイデン大統領率いる民主党が、大変な苦戦を余儀なくされるとの見方も強まっています。そこで今回は、メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』の著者で国際政治経済学者の浜田和幸さんが、その理由ともいえる問題を取り上げ語っています。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

政治の腐敗が加速するアメリカ!その象徴がバイデン・ファミリー!

ぶっちゃけ、アメリカではバイデン大統領に対する支持率が急落を続けています。既に30%前後にまで人気のかげりが見える危機的状況です。

それは記者会見でプロンプターの注意事項まで平気で読み上げることに象徴されています。

「ここでポーズ」とか「ここで力を入れる」といったスタッフによる但し書きを、そのまま読んでしまうのです。

先にウクライナの状況を視察するため訪問したポーランドでは、駐留米軍の兵士に向かって「もうじき皆さんはウクライナにて自分の目で現状を見ることになるでしょう」と、米軍の派遣はないという公式見解を覆すようなことを言い出し、周囲を大慌てさせました。

来日時の記者会見でも「台湾有事」について尋ねられると、「アメリカ軍は台湾を守る」と、それまでの「あいまい戦略」をいとも簡単に覆すような発言を繰り返したものです。

その都度、ホワイトハウスの報道官が軌道修正のコメントを余儀なくされています。

最近、アメリカで大きな問題となったのは政府の備蓄原油の放出に関するものです。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

【関連】安倍元首相に殺害予告?銃撃前日に中国のネットで書き込まれた「投稿」

ウクライナ情勢を受け、ガソリン価格が急騰しているため、政府は国家の戦略的備蓄から原油を市場に放出し、価格を下げる方向を検討すると表明しました。

ところが、バイデン政権はそうした備蓄原油を国内市場に提供するのではなく、何とヨーロッパ諸国やインド、はたまた中国に輸出し始めたのです。

しかも、この4月、95万トンの備蓄原油が中国の「ユニペック」に売られたとのこと。ユニペックとは中国国営のCPC(通称「シノペック」)の貿易部門に他なりません。

問題視されているのは、バイデン大統領の息子ハンター・バイデン氏がこの会社の役員を務めていたことです。

2015年の時点で、ハンター・バイデン氏はシノペックに投資する「渤海華美」というファンドの共同創設者でした。

更には、バイデン政権が対ロ経済制裁を発動すると、このシノペックはロシアの「ガスプロム」を買収する交渉を始めたのです。

要は、アメリカによるロシアへの制裁の抜け道を探りながら、中国がロシアから原油を安く、大量に買い入れるお膳立てを仕掛けたと言っても過言ではありません。

これこそ、父親のコネを活かしてウクライナのみならず、ロシアや中国とのファミリービジネスで荒稼ぎを続けるハンター・バイデン氏の相変わらずのやり口なのです。

この一例からも、アメリカのバイデン政権の腐敗ぶりが容易に想像されます。

当然ながら、こうした内実が暴露されればされるほど、国民のバイデン不信は強まるばかりです。

秋の中間選挙ではバイデン大統領率いる民主党は大変な苦戦を余儀なくされるでしょう。既にホワイトハウスからも主要政府機関からも辞職者が続出しています。

ぶっちゃけ、そんなバイデン大統領から頼りにされている岸田政権ですが、沈みゆくタイタニック号からは早めに脱出するべきだと思うのですが。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

【関連】元は米国の戦略。プーチンの“食料人質”に追い込まれるバイデン

image by:Fotophoto / Shutterstock.com

MAG2 NEWS