ミャンマー国軍が民主活動家4人の死刑を執行。一方、日本でも14年前に起こった秋葉原無差別殺傷事件の犯人の死刑が執行され、国内外の死刑に関するニュースに関心が集まりました。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、台湾出身の評論家・黄文雄さんが、ミャンマーでの死刑について、各国の反応を紹介。「内政不干渉」と主張し沈黙する中国には、非人道的な死刑の疑惑もあると伝え、「死刑を利用する権力者は許されない」と非難の声をあげています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2022年7月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【世界】独裁国家で行われる死刑の恐ろしさ

● 「死刑何度も必要」ミャンマー国軍が正当性主張 │ テレ朝news

ミャンマーで、アウンサンスーチー氏の側近など民主活動家4人が死刑に処されました。これに対して欧米は暴力行為だと非難し、中国は内政不干渉だとして沈黙を貫きました。
● ミャンマー死刑執行 中国は批判避ける「内政不干渉だ」 │ テレ朝news

タイでは、この死刑執行に対してミャンマー国軍は殺人者だとして、抗議デモが行われました。ASEANも非難声明を出しました。
● スーチー氏側近ら4人死刑執行 タイで抗議デモ │ テレ朝news

日本政府は、磯崎官房長官が「国際社会におけるミャンマーのさらなる孤立化を招くものであり、『深刻に憂慮している』」、と語りました。
● ミャンマー軍政による死刑執行、深刻に憂慮=磯崎官房副長官 | ロイター

同じ頃に日本でも、14年前に起こった秋葉原無差別殺傷事件の犯人の死刑が執行されました。岸田内閣では2回目の死刑執行です。
● 秋葉原無差別殺傷事件 加藤智大死刑囚に死刑執行 | NHK

台湾でも死刑は執行されます。蔡政権はこれまで2度死刑を執行しました。日本の場合は絞首刑ですが、台湾は銃殺です。死刑についてはこれまでも様々な議論があり、賛否両論ありますが、ミャンマーのように権力者が恣意的に執行できる死刑と、司法が慎重に判断を下す死刑と、国によって様々です。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

ただ、ロシアがウクライナに武力侵攻している今、死があまりに生々しく、暴力では何も解決せず生まれるのは悲劇だけとの思いが強くあります。その中での死刑執行というのは、ちょっと眉をひそめてしまう感もあります。

ちょっとデータが古いのですが、2016年の調査では、台湾人の88%近くが死刑廃止に反対していました。「死刑廃止は治安を悪化させ、犯罪者が罪に対する恐れがなくなるという理由から」だそうです。
● 台湾人の88%近くが死刑廃止に反対 – 台北駐日経済文化代表処 Taipei Economic and Cultural Representative Office in Japan

この論理が通用するのは、三権分立が成り立っている民主主義社会だけです。このデータを見ても、台湾は立派な民主主義社会だということが証明されています。

中国では汚職でも死刑になります。2021年2月には、中国史上最大と言われる、17億9000万元(約292億円)の賄賂を受け取ったとして死刑判決を受けていた国有不良債権処理会社「中国華融資産管理」の頼小民の処刑が行われました。

しかし、共産党幹部にはもっと巨額の賄賂を受け取っている者が少なくありません。結局、見せしめや政敵への圧力として死刑を執行することも少なくありません。また、少数民族は臓器売買のためにわざと死刑に処されているという疑いもあり、人権団体らも懸念を表明しています。
● 中国少数民族、臓器摘出の対象か 国連人権専門家らが懸念 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

死刑という名のもとに独裁者による暴挙が正当化されてはいけません。それには声を大にして抗議するべきです。ロシアの暴挙が許されないのと同様に、「死刑」を利用する権力者は許されません。

(メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2022年7月27日号より一部抜粋、続きはご登録の上お楽しみください。初月無料です)

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

image by:R. Bociaga/Shutterstock.com

MAG2 NEWS