アメリカのお騒がせ前大統領だったドナルド・トランプ氏の元妻であるイバナ・トランプさんが亡くなりました。今回のメルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』では、著者で国際政治経済学者の浜田和幸さんが、イバナ・トランプさんについて詳しく紹介し、トランプ氏との関係についても語っています。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

トランプと離婚した後も“ファースト・レディ”を演じ続けたイバナが逝去!

ぶっちゃけ、「ディープ・レディ」の草分けと言えるイバナ・トランプさんが亡くなり、7月20日、ニューヨークで葬儀が執り行われました。

葬儀には元夫のドナルド・トランプ前大統領をはじめ、子供たちや孫たちが勢揃いし、73歳であの世に旅立ったイバナさんを見送ったようです。

そもそも共産圏時代のチェコスロバキアで生まれ育ったイバナさん。

5歳になる前からスキーを始め、めきめきと腕前を上げ、チェコのアルペンスキーの代表選手として数多くの国際大会でメダルを獲得してきました。

最初の結婚相手はオーストリアのスキー教師でしたが、その目的はオーストリアの市民権を得るためだったとのこと。

そのため、晴れて自由社会へのパスポートを手に入れると、さっさと離婚しアメリカに移住したものです。

そして1976年、ニューヨークのクラブでトランプ氏と出会うや、すぐさま篭絡に成功し、翌年には見事ゴールインを果たしました。

それ以来、夫が苦戦していた不動産開発やホテル、カジノ、リゾートの経営に抜群の才を発揮し、あれよあれよという間に、トランプ・グループの実質的オーナーになるのです。

しかも、その間、3人の子供を産み育て、仕事と家庭を両立させる模範的なディープ・レディ役を15年間に渡り果たしてきました。

しかし、浮気性のトランプ氏が密かに若い女優と不倫し、子供まで設けたことが発覚し、大喧嘩の末に離婚します。

トランプ氏はこの女優と別れ、今のメラニア夫人と3度目の結婚に至りました。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

【関連】支持率急降下のバイデン政権。腐敗の象徴となったファミリーの横暴

もちろん、イバナさんも負けてはいません。トランプ氏に三下り半を突き付け、莫大な慰謝料と不動産を手に入れると、イタリアの大金持ちと結婚しましたが、2年で別れ、その後、イタリアの人気俳優と結婚を繰り返すというトランプ氏顔負けの奔放な生活でした。

その間、元夫のトランプ氏が大統領になるのですが、イバナさんはアメリカのTV番組に出演し「メラニア夫人は飾り物ね。私は今でもドナルドとはいい関係よ。毎週、ホワイトハウスに電話しているから。実質的には私がファースト・レディよ」と自己PR。

しかし、NYの超豪華なマンション内の階段を踏み外し、帰らぬ人となってしまいました。

実は、この自宅内の階段は曲がりくねっている上に、狭いところと広いところがあり、見栄えは素晴らしいのですが、実用的ではなかったようです。

訪ねたことがある人によれば、よほど注意していないと滑り落ちると懸念していました。

ぶっちゃけ、アルペンスキーのメダリストだったイバナさんは何人もの夫を巧みに操縦してきたとはいうものの、最期は自宅の階段から滑り落ちるという悲劇の主人公で終わったわけです。

ご冥福をお祈りします。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

【関連】安倍元首相に殺害予告?銃撃前日に中国のネットで書き込まれた「投稿」

image by: Joseph Sohm / Shutterstock.com

MAG2 NEWS