ロシアに対して徹底抗戦を宣言し、プーチン大統領の核攻撃を匂わせる恫喝にも一歩も引かない姿勢を見せ続けるウクライナのゼレンスキー大統領。そんなゼレンスキー氏が習近平国家主席との直接会話を希望していることが明らかになり、関係各国に波紋が広がっています。今回のメルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』では著者で国際政治経済学者の浜田和幸さんが、ことごとく裏目に出ているゼレンスキー夫妻の国際社会からの支援を引き出す試みを取り上げるとともに、ついに中国へSOSを出すに至った事情を解説。さらにこの動きに対するアメリカ政府の反応を紹介しています。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

 

習近平との直接対話を希望するゼレンスキーの思惑

ぶっちゃけ、アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問でウクライナ情勢は国際ニュースの片隅に追いやられてしまったようです。

とはいえ戦争が始まって5ヶ月が経ちました。

ゼレンスキー大統領の率いるウクライナは国家破綻に追い込まれています。

8月に迫る200億ドルの外債償還のメドは立っていません。

アメリカのバイデン政権からは330億ドルもの武器、食糧、難民支援を受けていますが、その大半は闇市場に流れているようです。

8月1日からはウクライナのドル稼ぎ頭と言われるトウモロコシや小麦などの輸出が再開されましたが、戦前と比べると極々少量に過ぎません。

苦肉の策として、ゼレンスキー大統領は夫人を引っ張り出し、ワシントンに送り込み、バイデン夫妻に直接掛け合わせて一層の支援を求めました。

しかし、アメリカ国民のウクライナへの関心は盛り上がらず、「国内問題を優先すべき」との声が大きいため、追加の財政支援は得られていません。

そこで、ゼレンスキー大統領はファッション誌「ボーグ」の表紙に夫人を登場させ、紙面を通じて国際世論に訴える作戦を展開しています。

ところが、これは完全な裏目となってしまいました。

なぜなら、そこで使われた写真はゼレンスキー夫人がハイセンスなファッションに身を固め、ウクライナの戦場でポーズを取っているからです。

戦争で多くの犠牲者が生まれ、国土が破壊されているというのに、夫婦揃ってファッション誌のために時間とエネルギーを割いているとは「とんでもない」という批判が噴出しました。

そこで、ゼレンスキー大統領が繰り出したのは中国へのSOSです。

アメリカもヨーロッパも「あてにならない」と見切りを付けてしまったのでしょうか。

「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」紙のインタビューに答え、「習近平氏と直接話し合いたい。彼とは1年前に話したきりだ。2月24日のロシアによる軍事侵攻が始まった時から、中国との話し合いが欠かせないと思ってきた」と習近平氏の仲介に期待を寄せているのです。

「外交ルートを通じて、中国側にその旨を伝えている」とも、手の内を明らかにしています。

要は、ロシアのプーチン大統領を説得し、戦争終結への道を見出すには、中国の習近平国家主席の力を借りるしかいない、との結論に至ったのでしょう。

「ニューヨーク・タイムズ」紙がすっぱ抜いていますが、こうしたウクライナ側の動きに対して、アメリカ政府はゼレンスキー大統領への不信感を強めているようです。

ぶっちゃけ、バイデン政権はロシアとも中国ともまともに渡り合える外交力がないということかも知れません。

この記事の著者・浜田和幸さんのメルマガ

購読はこちら

 

image by: Володимир Зеленський − Home | Facebook

MAG2 NEWS