腐りきった政権を変えてくれるのでは?と、国民から大きな期待をかけられていた韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領。しかし、現在の評価はすこぶる悪いようです。韓国在住歴30年を超える日本人著者が発行するメルマガ『キムチパワー』では今回、評価がここまで下がってしまった理由と尹大統領が今すべきことについて語っています。

権力を握ったものの落とし穴

尹錫悦(ユン・ソンニョル)は降ってわいたように韓国の大統領になった。検察総長時代、露骨な「イジメ」に遭いながらもよくそれを持ちこたえ、絶対に上部権力に屈しなかった点を国民は見ていて、このように正義に対する意志の固い人なら国の舵取りを任せてもいいだろうと考え彼を大統領に選んだ。期待はかなり大きかった。

しかし大統領になってからの彼のやり方を見ていると、はがゆいを通り越して、こりゃヤバイと思ってしまうほどだ。夫人金建希(キム・ゴンヒ。彼女は不正やミスが実に多いがこれ)について語るものがいるとその瞬間にカッと腹を立てたりするという。自分の嫌なことには耳を貸さないで自分を褒めてくれるほうだけを向いている。「権力を手中にしてこそその人の真価がわかる」と言ったのはリンカーンだったか。今回は東亜日報のコラムから尹錫悦を叱咤激励する文章をお届けしたい。

尹錫悦大統領は悔しいかもしれない。「わたしがどんな大過を犯したというのか。なんで就任3か月で支持率が任期末にもほぼ出ることのない20%台なのか。安保・経済・民生危機を招いたわけでも、誰かのように国政壟断事態を自ら招いたわけでもないのに…。むしろ外交・安保は韓米同盟を中心軸に、経済は馬車が馬を引く前政権の政策を経済論理に合わせて正常化しているのではないか。

私は政治に対する野望があったわけでもないのに、大統領の座におし上げておいてこのように揺さぶることができるのか」国益を増進するどころか国を害する国政運営をしても支持率40%前後を維持した前任の文在寅と比べると、寂しさは倍増するだろう。もしも尹錫悦にそのような悔しさと寂しさだけがあるとするなら、前任者と自分に対する支持の属性の違いおよび権力の生理を誤って理解しているのだ。

文在寅に対する支持は「われわれがいる、やりたいようにしろ」という言葉が象徴するように、無批判的ファンダムが本流だ。支持者たちは韓国社会の保守主流勢力と戦ってきた文在寅に自分を投射し、心理的同質感を感じる。だから、何をしても支持率が落ちない(テッケムン=頭が割れても文在寅=といわれる連中だから)。もちろん政治家にとって無批判的なファンダムは健全な支持ではない。しかし、先の大統領選挙を基点に支持対象を李在明に乗り換えた人々の間で、そのような現象が再燃していると聞く。かなり憂慮される。

一方、尹大統領に対しては批判的支持が本流だ。文在寅―李在明ラインで左派ポピュリズム独裁が続けば、国が滅びそうな恐怖に陥った合理的中道・保守層がその輪を断ち切る代表選手として尹錫悦を選出したのだ。大統領選挙当時、その役割を引き受けるのに最も適格だったから彼を選んだのであって、政権交代さえ実現できるなら尹錫悦でなくても構わなかった。だから文政権5年間「やりたい放題の文」に嫌気のさした中道・保守層は、尹大統領に反対に言いたいのだ。「やりたい放題だけはやってくれるな、尹」と。

残念ながら尹大統領は当選後、「やりたいように」やった。大統領選挙前から「検察共和国」憂慮と金建希女史周辺問題がふくらんだにもかかわらず「検察家族」と学校同窓を重用し、警察局新設を強行し、金建希女史周辺問題がいつ爆発するやもしれない状態で放置している。そんなこんなで先の大統領選挙の時、尹候補を支持した人々を懐疑心に陥れることになった。

国民は、治者に自分を治める権力を与える代わりに、権力者も自分のものを差し出すことを望む。それは自己犠牲だ。尹大統領はそのような自己犠牲なしに政治参加宣言9か月ぶりに最高権力者の座に就いた。それが尹大統領の権力の最初からの弱点だ。

民主化以後、韓国の歴代大統領は大なり小なり自己犠牲と献身のストーリーがある。キム・ヨンサムおよび金大中は民主化の巨人、盧武鉉は地域感情解消のために奮闘した「バカ盧武鉉」の神話がある。李明博は清渓川を復元して市民に返したという公的な貢献があり、朴槿恵は両親を二人とも銃撃で失った犠牲の時間が、文在寅は人権弁護士として生きた時代があった。

尹大統領には何の自己犠牲があったのか。司法試験9浪(9回目にやっと合格)したというが、その当時の受験生活を9浪まで後押しできる家庭がどれほどあったか。朴槿恵政権時代、国家情報院のコメント事件の捜査で左遷されたとはいえ、「人に忠誠を尽くすのではない」という言葉で全国的知名度を得たのではなかったか。文在寅政権で検察総長になった後、生きた権力と対決したのは、自己犠牲というよりは成功の盃に近い。

権力はただではない。しかも、大統領という最高権力は…。ところが尹大統領は当選後、梁香子(ヤン・ヒャンジャ)議員の表現どおり「人生目標を達成した人のように」行動した。それで尹錫悦を支持した人々は彼に尋ねているのだ。「大統領選挙期間中ずっと心配しながら見ていて、いざ大統領の権力を握らせたら、あなたが出したのは何か」と。

尹大統領は今からでも自己犠牲の姿を見せなければならない。自己犠牲とは何か。簡単に言えば、自分のこと、自分に近い人が損することだ。検察にもっと冷たく接し、友人と同窓生を遠ざけ、尹核幹(ユンヘッカン=尹錫悦の核心幹部の意)という人々にはさらに厳しく、金建希女史とつながっている人や事業とは冷たく絶縁し、金夫人と妻の実家の家族にさらに断固として対応することで、世間から非難が出ないようにしなければならない。国政運営がうまくいけば、いつか国民が認めて支持率も反転(反騰)するんだって(尹錫悦がいつかそんなことを言ったことがある)?権力の生理はそう簡単ではない。

(無料メルマガ『キムチパワー』2022年8月8日号)

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS