ウクライナに侵攻したロシアや、国民に規制を強いる中国など、世界中の国で「独裁化」が進んでいます。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、 そんな独裁主義国と、民主主義の我が国について「2つの観点」から語っています。

黒化する世界〜民主主義は生き残れるのか?

2022年9月9日、北野の新刊『黒化する世界〜民主主義は生き残れるのか?』が発売になりました。今日はこの本を書いた目的について、お話しします。

黒化とは?

まず、用語の解説が必要ですね。「黒化」(こくか)とは、なんでしょうか?

昔、「赤化」(せきか)という言葉がありました。赤=共産主義のこと。赤化といったら、どこかの国が共産化することをいいました。幸い赤化現象は、1991年12月のソ連崩壊で終わっています。

では「黒化」とは、なんでしょうか?黒=独裁国家のことです。黒化とは、独裁化のことです。そして、ここ数年、世界で「黒化現象」が進んでいます。たとえば2020年2021年だけでも、

香港 ロシア(元から黒かったが、真っ黒になった) ベラルーシ(上に同じ) ミャンマー アフガニスタン

など。そして、ちょっと世界地図を見てほしいのです。ユーラシア大陸を見ると、世界最大の面積を誇るロシアと人口世界一の中国が、【黒】です。ロシアと中国の隣には、これも真っ黒の北朝鮮がある。ロシアの西隣には、欧州最後の独裁者ルカシェンコのベラルーシ。中国の西には、最近黒化したアフガニスタン、ミャンマーがある。いわゆる旧ソ連諸国も、ほとんどは黒に近い灰色です。こう見ると、ユーラシアは、中国、ロシアを中心に【黒化されている】ことがわかるでしょう。

下の記事中の地図をみてください。いわゆる独裁国家は「赤色」と「オレンジ」で示されています。

● 世界人口の71%が「独裁に分類される国に住む」という衝撃

こう見ると、「白化勢力」(民主主義勢力)は、完全に劣勢です。

日本の三大勢力

現在の日本には、ざっくり「三つの勢力」があります。すなわち、

・親欧米派
・親中国
・親ロシア

普通、「親中国ロシア」となりそうですが、日本ではそうなっていません。親ロシアの人が反中国であることもある。あるいは、親中国の人が反ロシアであることもあります。

親ロシア派の問題点

いわゆる「親ロシア派」の人は、「世界ではグローバリズム対ナショナリズムの戦いが起こっている」などと主張します。そして彼らは、概して「グローバリスト=悪」で「ナショナリスト=善」と見ています。

彼らは、ウクライナ戦争で、欧米とウクライナを批判し、プーチンを擁護します。なぜでしょうか?彼らから見ると「プーチンは、グローバリストと戦うナショナリストの英雄」なのです。この見方はどうなのでしょうか?

私も「グローバリスト=善」とはいいません。しかし、「プーチンは、グローバリストと戦うナショナリストだから常に善」だというロジックはどうなのでしょうか?

善悪の基準は、「相対的だ」と思われがちです。たとえば、あなたに奥さんが4人いたら、日本では明らかに「悪のろくでなし」でしょう。しかし、イスラム国家ではしばしば「普通の事」です。

ですが、国際社会には、はっきりとした「善悪の基準」があります。「国際法」です。国際法によると、正当な戦争は二種類しかありません。

一つは自衛戦争です。たとえば2001年に起こったアフガン戦争。これは、「アルカイダが最初にアメリカを攻撃したので自衛戦争だ」とみなされました。ウクライナは、ロシアを先制攻撃していません。だから、ロシアの戦争は、自衛戦争ではありません。

もう一つは、国連安保理が承認した戦争です。たとえば、1991年の対イラク・湾岸戦争があります。ロシアのウクライナ侵攻は、国連安保理から承認されていません。プーチンは、この戦争について、いろいろ説明しています。

ウクライナのNATO加盟を阻止するため
ルガンスク、ドネツクのロシア系住民を守るため
ウクライナの「非ナチス化」「非軍事化」
ロシアが攻めなければ、ウクライナが攻めてきただろう

いろいろいっていますが、【国際法の観点】からいうと、善悪は、はっきりしています。ロシアによるウクライナ侵攻は、【完全な国際法違反】です。【完全な国際法違反であること】については、いっさい議論の余地はありません。

賢い人は、たずねるでしょう。

「アメリカのイラク戦争はどうなのだ?あれは自衛戦争ではないし、国連安保理の承認も得ていなかった」

おっしゃるとおりです。だから私は、イラク戦争は「国際法違反だ」と当時書いていました。その後の本でも何度も何度も同じことを書いています。

プーチンも当時、「イラク戦争は国際法違反だ!」と批判していました。これは正当な批判でした。ところが今度は、自分自身がアメリカと同じ過ちを繰り返したのです。だから日本は、「国際法違反」をしているロシアの側につくべきではありません。

勝敗論で見るロシア

ここまでは「善悪論」で話してきました。次に「勝敗論」で考えてみましょう。

ロシアは、確かに大国です。アメリカと一、二を争う核大国。原油生産量は、世界3位。天然ガス生産量は、世界2位。国土の広さは、世界一。小麦輸出量は世界一。ロシアは、核大国、エネルギー大国、食糧大国である。実際、リアリストの神ミアシャイマーも、「世界に大国は三つしかない。アメリカ、中国、ロシアだ」といっています。

しかし、勝敗論でみると、日本はロシアにつくべきではない。なぜでしょうか?ロシアが、あまりにも貧しすぎるからです。2021年時点でロシアのGDPは、1兆7,755億ドルです。世界11位。アメリカのGDPは、22兆9,975億ドル。ロシアの経済規模は、なんとアメリカの13分の1です。中国のGDPは、17兆4,580億ドル。ロシアの経済規模は、中国の約10分の1です。日本のGDPは、4兆9,374億ドル。ロシアの経済規模は、日本の約2.8分の1です。人口1億4,600万人のロシアの経済規模は、人口5,500万人の韓国より小さい。だから、ロシアは、勝てません。

私は、「プーチンは、現代のヒトラーではなく、ムッソリーニだ!」といっています。現代のロシアは、経済規模が小さいところも、当時のイタリアに似ています。日本は、「勝てないロシア」につくべきではありません。

善悪論でみる中国

次に中国について考えてみましょう。親中派とは、どんな人なのでしょうか?おそらく「チャイナマネーが欲しい人」なのでしょう。たとえばユニクロの柳井さんは、「ウイグル問題は、人権問題ではなく、政治問題」という旨の発言をして、世界からバッシングされました。

中国とビジネスしている人たちが、「親中派」なのはわかります。しかし、2018年秋から「米中覇権戦争」が起こっている。日本は、どちらかにつかなければなりません。仮に米中覇権戦争で中国が勝てばどうなるでしょう?中国が覇権国家になります。覇権国の体制は、「スタンダード」になります。かつて共産主義陣営にいた国々の体制は、覇権国ソ連にそっくりでした。一党独裁、言論の自由、信教の自由、結社の自由なし。だから米中覇権戦争で中国が勝ち、覇権国になれば、日本は中国の属国になり、体制は中国のコピーになります。

どんな体制になるのでしょうか?まず、皇室は、廃止されるでしょう。共産主義は、「王制打倒」を掲げているからです。信教の自由はなくなるでしょう。共産主義は、「無神論ベース」なのです。神社、お寺、キリスト教会などは、破壊されるかもしれません。中国共産党や習近平を批判する人は、逮捕されるでしょう。香港がそうなったように。

学校では、中国語が必須になり、大学受験でも中国語の試験が行われるようになるでしょう。「出世するなら中国語を学べ!」となります。さらに、反中国的な人は、強制収容所に入れられ、女性は不妊手術を強制されるでしょう。「まさか!」と思うでしょうか?実際彼らは、ウイグル人絶滅政策をしています。知らない人は、こちらを参考にしてください。

● ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

中国政府がウイグル人絶滅政策をするのなら、「少数民族」日本人絶滅政策を行わない理由は、あるでしょうか?

というわけで、「中国がアメリカに勝って世界の覇権をとる」というのは、日本にとっても悪夢です。お金も大事ですが、子供達の未来はもっと大事ですね。「中国との金儲けをやめろ」とはいいませんが、ポジション的には、常に「自由民主主義の側」にいることが大事です。

勝敗論から見た中国

「お金以外の理由」で中国を支持する人もいます。それは、「中国が勝つ」と思っている人たちです。世界3大投資家のジム・ロジャーズは、「金儲け」もそうですが、「中国が確実に覇権国家になる」と確信しているようで
す。こういう人たちは、

19世紀はイギリスの時代 20世紀はアメリカの時代
21世紀は中国の時代

などと、物事を単純化して考えています。

しかし、世界には、「覇権国家になれそうでなれなかった国」もあります。たとえばドイツ帝国です。19世紀から20世紀初めにかけて、ドイツ帝国の経済力、軍事力、科学技術力は、イギリスを圧倒していました。当時は、誰もが「次の覇権国家はドイツ帝国だ」と考えていた。ところが、ドイツは1次大戦、2次大戦に負けて「暗黒の20世紀」になったのです。ジム・ロジャーズさんは、「ドイツ帝国の歴史」を知らないのでしょう。

そして、中国もドイツ帝国と同じ道を進んでいます。私は2005年、はじめ他の本『ボロボロになった覇権国家アメリカ』の中で、中国の未来について予想しました。

2008〜2010年に危機が起こるが、中国はこれを短期間で克服し、再び成長をはじめる
しかし、高度成長は2020年まで

そして、実際2008年に「100年に1度の大不況」が起こりました。実際中国は、この危機を世界一速く克服しました。実際、中国の成長率はその後鈍化しつづけ、2020年以降はまったく高度成長できなくなりました。

昨年起こった「恒大ショック」は、90年代初め日本で起こった「バブル崩壊」に匹敵します。中国はこれから「暗黒の20年」に突入していくのです。だから、中国は、アメリカに勝てません。アメリカも、長期的に衰退していきますが、それでも中国は勝てないのです。そして、インドの時代がやってきます。

RPE読者の皆さまへのお願い

長々と書いてきました。いよいよ私がこの本を書いた目的をお話しします。いま日本には、

親ロシア派
親中国派
親欧米派

がいます。この中で、【黒化勢力】中国とロシアの現体制は、やがて滅びる運命です。日本は、先の大戦で、ユダヤ人を虐殺しているナチスドイツとイタリアの側について負けました。今回、私たちは、同じ過ちを繰り返すべきではありません。ウイグル人に対し民族絶滅政策をしている中国や、ウクライナで侵略戦争をしているロシアの側について、【また敗戦国】になるべきではないのです。

私がこの本を書いた目的は、【日本を戦勝国にすること】です。

第2次大戦直前のように、現在の日本は、フラフラしています。一歩間違えば【敗戦道】に迷い込んでしまいます。

● 黒化する世界〜民主主義は生き残れるのか?

(無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』2022年9月9日号より一部抜粋)

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS