北朝鮮と韓国の南北関係は「最大の危機」と言って良いほどに悪化しています。ここにきて北朝鮮がとった作戦は「嘘による撹乱」とのことですが、それは具体的にどのようなものなのでしょうか? 韓国在住歴30年を超える日本人著者が発行するメルマガ『 キムチパワー 』で、その内容について詳しく解説しています。  

北の陽動作戦か

北朝鮮は11月7日、「今月2日に蔚山沖の公海に2発の巡航ミサイルを発射した」と主張した。当時、北朝鮮軍の東海(日本海)NLL以南弾道ミサイル挑発に対抗して、韓国空軍が空対地ミサイル3発をNLL以北に発射すると、北朝鮮が再び東海沖に巡航ミサイルを発射したということだ。

これに対して合同参謀本部は「北朝鮮の主張は事実と異なる」とした。北朝鮮の主張のように韓国の防空網は破られていないということ。北朝鮮が主張する巡航ミサイルが韓米の探知資産(探知戦力)にかかった形跡はないという意味だ。

北朝鮮総参謀部はこの日、労働新聞で「敵(韓国軍)が空対地ミサイルでわれわれ北朝鮮側の公海上に対応射撃するという暴挙をした」とし「咸鏡北道から590.5キロの射程距離で南朝鮮蔚山市前の80キロ付近の公海に2発の巡航ミサイルで報復打撃をした」と主張した。それと共に蔚山と日本の間の公海に印をつけた座標を公開し、落弾地点だと説明した。当時、韓国軍は北朝鮮の巡航ミサイル発射事実を公開しなかったが、北朝鮮の主張が事実なら、韓国防空網に大きな穴が開いたという意味になる。

一方、合同参謀本部は同日、「韓米監視偵察資産の探知および分析結果によると、北朝鮮の主張は事実と異なる」とし、「今月2日、蔚山沖に落弾した北朝鮮巡航ミサイルはない」と明らかにした。

軍関係者は「今月2日に北朝鮮が4回にわたって弾道ミサイルを発射し、100発余りの砲撃など各種挑発をしたことは確認された」とし「巡航ミサイルは発射自体が探知されなかった」と述べた。しかし、軍の一部では「巡航ミサイルは低高度飛行が可能でレーダーを避けやすいだけに、韓国軍が北朝鮮巡航ミサイルを逃した可能性もある」という話が出ている。巡航ミサイルはドローンのように操縦が可能な場合もあるため、東海(日本海)上を遠回りして韓国側の公海に落ちた可能性もあるという推定も提起された。

北朝鮮軍総参謀部は同日、「蔚山沖打撃」のほかにも「戦闘機500機動員」「敵作戦指揮体系を麻痺させる弾道ミサイル発射」などを行ったと主張した。いずれも韓国軍当局が把握したものとは異なる内容だ。

北朝鮮は戦闘機500機を動員する能力がないだけでなく、韓国軍は「北朝鮮が180回飛行航跡を記録した」と述べた。動員戦闘機より飛行航跡が少ないわけではない。また、北朝鮮は「火星15型」とみられる写真とともに「敵の作戦指揮体系を麻痺させるミサイル」を試験発射したとしたが、韓国軍は「火星17型」を発射したが、飛行に失敗したものと分析した。

これに対して韓国側の安保部署関係者は「総参謀部発表が北朝鮮住民が読む労働新聞に載せられた」とし、「内部宣伝用に軍事作戦の成果を膨らませた可能性がある」と話した。「蔚山沖打撃」「戦闘機500機」などは、北朝鮮住民に軍事力を誇示しようという意図だという。韓米情報当局の分析を妨害しようとわざと誤った情報を流した可能性も取り上げられている。「撹乱戦術」というやつだ。

北総参謀部はこの日、労働新聞に「4日、敵の連合空中訓練に対する対応で3時間47分にわたり500台の各種戦闘機を動員した出動作戦が進行された」と書いた。当時、韓米は軍用機240機余りを動員した大規模な連合空中訓練「ビジレントストーム」を実施していたが、北朝鮮はこの2倍以上の戦闘機を出動させたという主張だ。

しかし当時、合同参謀本部は「約4時間、北朝鮮軍用機180機の飛行航跡を識別した」と明らかにした。実際に投入された軍用機は数十台水準と推定される。北朝鮮は先月8日にも150機余りを動員して「大規模航空攻撃訓練」を行ったと主張したが、実際には40機余りが動員され、一部は墜落したという。

北朝鮮がこの日、写真を公開した「火星15型」推定ミサイルも撹乱戦術である可能性が高い。3日、北朝鮮が発射したのは火星15型ではなく火星17型だと韓国軍は発表していた。「最大高度1920kmで760kmを飛んで異常飛行をした」ということだ。ただ、分離までは成功したが、正常飛行には失敗したという判断だ。

ところが北朝鮮は同日、火星17型などICBM発射の事実自体には一切言及せず、火星15型に酷似したミサイル写真とともに「敵の作戦指揮体系を麻痺させる弾道ミサイルを試験発射した」とした。打ち上げの失敗を隠すために、他の写真を挿入し、もっともらしい説明を付けたはずだという分析だ。

韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究委員は「高度2,000km近い上空でEMP試験をしたというのは話にならない」と話す。軍関係者も「北朝鮮の公開報道に虚偽の内容が含まれた可能性がある」と話した。

ただ、事実かどうかは別として、北朝鮮が韓国最大の産業都市である蔚山沖の打撃を公開言及しただけに、今後これと類似した挑発を試みる恐れがあるという憂慮も出てきた。実際、今月2日、北朝鮮の弾道ミサイルが分断以来初めてNLLを越えて鬱陵島(ウルルンド)に向かって飛んできて、近くの水域に落ちて空襲警報が鳴るなど、大きな混乱が起きた。

こうした中、合同参謀本部は「今月2日に北朝鮮が発射した弾道ミサイルの残骸と推定される物体を今月6日に無人水中探索機で引き揚げ精密分析している」と明らかにした。北朝鮮がNLLを越えて束草(ソクチョ)沖に撃ったミサイルの残骸を回収したということだ。とにもかくにも南北関係は今がユギオ(朝鮮戦争)以来最大の危機と言ってもいい状態となっている。

(無料メルマガ『キムチパワー』2022年11月8日号)

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS