北朝鮮で「ホラ吹き防止法」が制定されました。この法令は、虚偽が増えている農業関連だけでなく、経済や社会全般にも適用されるといいます。この詳しい内容について韓国在住歴30年を超える日本人著者が発行するメルマガ『 キムチパワー 』が解説しています。   

ホラ吹き防止法

北朝鮮で農業関連の「虚偽報告」を処罰するために新たに制定された「ほら吹き(=ホプン)防止法」が農業分野はもちろん非常防疫、人材養成、災害防止、民間防衛事業など全社会的な分野に適用される法であることが12日、初めて確認された。

「ニュース1」が入手した北朝鮮の「ほら吹き防止法」の全文によると、同法は第1章「ほら吹き防止法」の基本、第2章=経済計算でのほら吹き防止、第3章=農業生産でのほら吹き防止、第4章=社会全般でのほら吹き防止などで構成されている。

これによれば「法の使命」は「全国的、全社会的に虚勢を張る現象(つまりほらを吹いたり嘘をついたり)との戦いを強力に推し進め、国家の政策を正確に執行し人民の利益を保護するのに貢献するため」と明示されている。

「ホラの定義」は「公明心と利己心、責任回避といった古い思想にどっぷりとつかり、自分の部門、単位(家族あるいは隣組のようなものをいっているのであろう)の実態を虚偽で報告し、国家の政策執行と人民生活に厳重な害毒的な影響を及ぼす反国家的、反民族的行為」と規定されている。

これまでは、ほら吹き防止法は「食糧難」にともなう穀物生産、すなわち農業と関連した数値を虚偽報告したり糧穀流通過程で収穫量の不正搾取や縮小報告などを防ぐために制定されたとされていた。

しかし実際には農業を含めた経済はもちろん、社会全般の各分野に幅広く適用される法としてこの度新しく制定された。経済計算はもちろん統計部分、非常防疫、科学技術人材養成、民間防衛事業、生産文化、生活文化、災害防止、国家表彰など多様な分野に適用される法条項が含まれただけに、社会全般的に蔓延した「死角地帯」を根絶するために制定されたものと見られる。

特に同法には「統計数字の科学性と公正性を保障しなければならない」という内容も明示されているが、これは執権後から着実に統計化・数値化・科学化などの過程を通じて透明かつ合理的に国政を運営しようという金正恩の意志が盛り込まれたものと解釈される。

 

法条項には守らなければならないことと禁止されるべき内容がかなり具体的に明示されている。産業全般において比重をもって推進される再資源(資源リサイクル)化に関しては「製品の質を無視したり検査を受けていない製品・不合格品・保管期日が過ぎた製品・偽商品または不良商品を生産・供給・販売・奉仕し国の経済発展に支障をきたす行為」は禁止される。また、許可されていない計量計測手段を使用したり、計測器具の目盛りや量を直したり、間違っていることを知りながら使用することも処罰の対象となる。

検病と検診、消毒薬の生産と消毒事業、国境と地上・海上・公衆封鎖など非常防疫規定と秩序を厳格に遵守し、非常防疫計画の実行形態を虚偽で報告する行為も厳格に禁止される。

民事軍事訓練を形式的に執行したり賄賂を受け取って訓練対象を訓練から除外したりする場合、かつ生産文化や生活文化を確立するための事業を「付け焼き刃式」・「目隠し式」でやったりするような虚偽行為も全面禁止される。

ほら吹き(虚偽)行為の他にもこれを「暗示、黙認、助長」する行為まで法的制裁を加えられるようにした。また、同法に違反した場合、資格停止、資格降級および剥奪、没収、無報酬労働、労働教育、解任、撤職(職を解任される)などの処罰を受ける。

韓国の国家情報院は9月28日、国会情報委員会全体会議で「北朝鮮が農作業を進行する過程で虚偽報告が多かったと見られる」とし「『ほら吹き防止法』を通じて収穫量虚偽報告を根絶するという強い立場を最近明らかにしたもの」と明らかにしていた。

また、国情院発表と同じ日、北朝鮮労働党機関紙労働新聞も「ほら吹き防止法」の制定を示唆し、「国民は皆、ほら吹きが党と人民をだまして党政策執行に挑戦する行為になるということを深く肝に銘じなければならない」とし、強力な法適用を示唆した。

ただ、同法は社会の全般的な分野を扱っているにもかかわらず、住民を取り締まるよりは党と内閣の幹部を取り締まるために制定されたものと見られる。これは金正恩が、特に幹部の「業務においての態度の変化」に神経を尖らせ懸命に取り締まっていることと関連がある模様だ。

 

同法が実際に定着すれば、北朝鮮の統治構造の変化にも大きな影響を与えるものと見られる。多くの専門家はこの法の制定が先代時代からの「積弊」を根絶するためのものと見ている。合わせて各地域、単位別「自律権」を縮小し中央集権的な統治構造をさらに強化するための意図とも分析している。

核の先制攻撃を合法化するような法をつくったり、ミサイル挑発を惜しげもなく連日繰り返してみたり、幹部らの動きに神経をマックスで尖らせているなど、このところ金正恩の焦りの姿が垣間見えはしないだろうか。

核のスイッチを遊び心でだけは押してほしくないところだが、追い詰められた人間が何をするかは誰にもわからない。北の核に対しても万全の体制だと韓国(および米軍)は吹聴しているけれど、実際に核が飛んで来たら防ぐことはできないはずだ。わが近所に落ちないでくれと祈るしかないのが現状だと筆者は思っている。

(無料メルマガ『キムチパワー』2022年11月13日号)

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS