夏といえば、お化けでございます。今、書店の絵本コーナーでは「夏の絵本」の特集をしているところ多いと思いますが、その中にもお化けものの絵本、並んでおります。

 

そこで今回ご紹介するのは、大人におススメのお化け絵本でございます。

 

この夏一番注目を集めているお化け絵本、そして、トラウマ絵本として話題の「たべてあげる」の作者のお化け絵本、この2冊をご紹介!毎年のように、この時期、お化けものの絵本が登揚しますが、お化け絵本の新定番として、この夏、大きな注目を集めているのが、こちらでございます。

 

ばけバケツ (にじいろえほん) 大型本 – 2017/7/12
amazon.co.jpより

 

「ばけバケツ」(作:軽部武宏)

こちら、76日に出たばかり。月夜の不思議な出来事を描いた物語で、夜の闇の幻想的な絵も大人好みございます。アート絵本としても楽しんで頂けます。

 

主人公は、バケツからこぼれ出た水たまり。ナンセンスでアート、典型的な大人絵本でございます。オシャレ書店の代表格、「代官山蔦屋書店」でパネル展が開かれるほどでございます。オシャレなプレゼントにも、もってこいでございます。

 

そして、大人お化け絵本、もう一冊は、こちら。

 

いちにちおばけ (PHPにこにこえほん) 単行本 – 2012/6/8
amazon.co.jpより

 

「いちにちおばけ」(作:ふくべあきひろ 絵:かわしまななえ)

トラウマ級に怖いとTwitter、ネット上で話題になっておりますトラウマ絵本、「たべてあげる」の作者の作品でございます。こちらは、主人公の男の子が気になっているものに1日だけなってみる「いちにち」シリーズと言われる作品のひとつでございます。

 

「おばけって、こわいな。ぼくもおばけになったら、おばけがこわくなくなるかな?」と、男の子が、一日だけ、おばけになっていく物語でございます。

 

ある日は、からかさおばけに、ある日は、かっぱに、ある日は、くちさけおんなに…。こちらは、トラウマ度は控えめ、その分、ナンセンス度高めになっております。大人が楽しめる大人絵本でございます。

 

ここで、訂正がひとつ。

お化け絵本をご紹介と言っておきながら、2冊目の「いちにちおばけ」は、正確には、お化けではございませんでした。訂正してお詫び申し上げます。

 

お化け、幽霊、妖怪の定義をすこぶる簡単にご紹介すると…。「お化け」は、本来あるべき姿から大きく変化したもの。(キツネやタヌキなど人を化かすため変化するものも含む)。「幽霊」は、人間の霊魂。実態のない霊体。「妖怪」は、あやしい事や得体のしれないものとなっております。

(文:NN昌)

 

イラストレーション (Illustration) No.207
Fujisan.co.jpより