YouTube動画:https://youtu.be/fFaTem7vI_g

9月6日(金)より公開の映画『影に抱かれて眠れ』。本作は横浜を舞台にした北方謙三のハードボイルド小説「抱影」を、ドラマ「相棒」シリーズなどで知られる和泉聖治監督のメガホンで映画化した作品。『アウトレイジ』などで知られる俳優の中野英雄が初の映画プロデュースを手がけたという事もあり、出演者陣も人脈を活かした個性的なメンツが集結。主演を務めるのは、加藤雅也。酒をこよなく愛し、横浜・野毛で2軒の酒場を営む画家の硲(はざま)冬樹役を演じています。絵を描き、酒を飲み、自身の店を自転車で巡回するという平凡な日常を送っていた冬樹。そんな中、突然、ボロボロの姿で現れる弟分の岩井信治役には、映画『ケンとカズ』で印象的な演技を見せたカトウシンスケ。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村役には、「EXILE」での活動以外にも役者としても活躍する松本利夫。その他、ヒロイン役を中村ゆり、「湘南乃風」の若旦那らが顔をそろえます。

そこで今回は本作に出演するAK−69さんに独占インタビューを敢行!! 役どころは勿論、役作りや撮影の裏話、さらに音楽活動との違いなども赤裸々に語ってもらいました!! 本インタビューを観て、映画本編を観れば倍楽しめる事、間違いなしです!! 映画『影に抱かれて眠れ』は9月6日から全国公開となります。

SENSE(センス) 2019年8月号 (2019年07月09日発売)
Fujisan.co.jpより

映画『影に抱かれて眠れ』

硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。

仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは――。冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生は
どんな終着点を迎えるのか・・・。

出演:加藤雅也

   中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那

   余貴美子、火野正平/AK−69

原 作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)

主題歌:クレイジーケンバンド「場末の天使」

    (ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサル シグマ)

監 督:和泉聖治  脚 本:小澤和義  

プロデューサー:中野英雄  

製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  

配給 BS−TBS 配給協力:トリプルアップ

ⒸBUGSY