WOWOWオリジナルドラマ×舞台プロジェクト『ワケあって火星に住みました〜エラバレシ4ニン〜』(1月24日深夜12:00スタート)のトークイベントが17日、東京の日本科学未来館で行われ、ドラマと舞台に出演する三浦翔平、崎山つばさ、須賀健太が出席した。

ヒットメーカー・鈴木おさむが、ドラマの脚本と舞台の演出・脚本を手掛ける注目のプロジェクト。火星移住計画に選ばれた、年齢・性別・職種もバラバラの24人。6つのラボに4人ずつ分けられ、共同生活を営むことになるが、徐々に彼らの隠された秘密が炙り出されていく。ドラマ版は全6話のオムニバス形式で描かれ、仲村トオル、要潤、広末涼子、矢本悠馬、斎藤工、三浦翔平がそれぞれ主演する。

第6話主演の三浦は「初日にリハーサルを4時間やって、その後に本番の撮影に入って2日間回しっぱなし。映像作品だけれど舞台チックな撮り方で、自分にとって初めての試みでした。それだけに2日間の撮影が終わった後はぐったり。2日間という撮影期間もあり、共演者とも一致団結したと思ったら終わっていました」と濃密な収録を振り返った。

過去に鈴木おさむ作品に出演している三浦は、今回の脚本について「ふざけているのを真面目に書いているので、それを演じるのはかなり大変でした。求められているものはわかるけれど、それをどう表現すればいいのかと」と苦労もあったよう。崎山は「4人のセリフ劇なので、セリフ量が多い。演じる上ではセリフをしっかりと覚えて、遊ばなければと思った」と心構えを吐露した。

6歳の時に鈴木脚本による連続ドラマ『人にやさしく』に出演した須賀は「再び呼んでいただけたことが嬉しくて、成長したところを見せたいと思いました。でもあの頃の方が良かったと思われるのはイヤだったので、変なプレッシャーもありました」とラブコールに緊張の面持ちだった。

またドラマの内容にちなんで「火星には行きたい?」と聞かれた3人は、すかさず二つ返事かと思いきや「身の安全とかどうなの?」「食べ物とかは?」「地球からどれくらいかかるの?」とリアルに不安げ。須賀は「仲のいい4人で行くのもイヤだな。喧嘩しそう」と搭乗拒否で、三浦も「片道切符はちょっと…嫌だな」と同感。

崎山は「興味はあります」と前向きかと思いきや「半年かけて行って3日滞在して、そこからまた半年かけて帰ってこられるなら」と三泊半年旅行を希望し、3人異口同音に「火星には行きたくない」という結果に。すかさず三浦は「今後火星に行く人が実際にいると思うので、我々は今回のドラマを通してそういった方々を応援できれば」とエールを送る側を選択していた。