アイドルグループ「King & Prince」のメンバーが、12月27日発売の雑誌「週刊朝日」新年号の表紙に登場しました!

初の冠番組に全28公演のアリーナツアー、24時間テレビのMCと、今年は大きな成長を遂げ、国民的アイドルグループへの階段を駆け上がっているKing & Prince。同誌では10ページにわたるカラーグラビアとインタビューが掲載されています。

カラーグラビアでは、お正月らしく着物姿のメンバーがそれぞれ胸に抱く決意を四字熟語で表現。スペシャルインタビューでは、それぞれがメンバーのことや、2年ぶりだった有観客ライブの思い出、1月に発売されるライブDVDについて、4度目の出場となる紅白歌合戦についてなどを語っています。

平野紫耀さんは「個々の活動ばっかりだったので、集まった時の安心感はより強く感じましたかね。ホーム感というか」と、メンバーについてコメント。岸優太さんも「みんなで集まると、暗いときってなくて。どんなに疲れてても、楽屋でしゃべったりゲームで盛り上がったりするうちに忘れちゃいますね」と、大切な存在であるメンバーについて語っています。

同誌のその他の内容は、1年の運勢を占うゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」、皇室の過去と未来について考える特集、実例を元にした夫婦の「性のすれ違い」についての研究、小堀鷗一郎医師と 死に方の課題について考える特集などとなっています。

King & Princeが表紙を飾る「週刊朝日」は12月27日発売です。

週刊朝日 2021年12/31号 (発売日2021年12月21日) 朝日新聞出版
Fujisan.co.jpより