史上最悪の連続殺人鬼(シリアルキラー)からの依頼は、たった1件の冤罪証明だった…。作家・櫛木理宇氏による長編サスペンス小説を原作にした映画『死刑にいたる病』がついに公開!初日翌日となる5月7日には都内劇場で公開御礼舞台挨拶が行われ、主演の阿部サダヲ、岡田健史、共演の岩田剛典、そして白石和彌監督が出席した。

連続殺人犯・榛村大和役の阿部。公開後の反響については「面白かった、もう一度見たいという声もありながら、ポップコーンが途中で食べられなくなったという声もありました」と嬉しそう。大和から冤罪を証明してほしいと依頼される大学生・筧井雅也役の岡田も「今までにないくらい褒められています」と照れながら自賛。

謎の男・金山一輝役の岩田は「僕はこの作品を午前中に見てしまって…少し食欲がなくなった」と笑いつつ、阿部が演じた榛村大和について「ここまでのサイコキラーは邦画史に残るのではないかと思うくらいのインパクト」と絶賛していた。

白石監督は「見るたびに面白くなっていく中毒性のある映画。それぞれのキャラクターの視点で見ると、見えてくる物語が変わってくるはず」とリピート必至を強調。その言葉通り岡田は連続で3回見たそうで「阿部さんから『狂っているね!』と言われました」と照れながらも何故か嬉しそうだった。

観客はもちろんのこと、キャスト全員を震え上がらせる演技を披露した阿部。演じる上では「普通の人に見えるようにした」といい「“晴れ時々殺人”そんな感じです」と明かすと、すかさず岩田は「名言ですね!」と阿部語録を面白がっていた。

長髪で顔が半分隠れた謎の男を熱演した岩田は「これほどまでに挑発的な役は初挑戦。白石監督は僕のことを普段どのように思われているのか?」と新境地開拓を自負しながら「長髪にすると母親に似ているなと思った。僕は母親似なので長髪にすると面影がある。なんだか…目覚めてしまいそうでした」と笑わせた。当の白石監督から「どんな役になっても色気や立ち姿のカッコ良さが出てきてしまう素敵な方」と資質を褒められると、「恐縮です!」と照れていた。

本作のタイトルにかけて、自身が“病的に”ハマっているモノやコトを発表する企画も実施。これに阿部は「実は私…爪が顔に至る病」と謎の返答で「最近、自分の爪を見ていると顔に見えてくる。中でも左手の薬指の爪が天海祐希さんに見えてくる。そこまで至っている」と自分の爪にドはまり中。「それ本当ですか!?」と疑う岡田に左手薬指の爪を見せるも岡田からいい反応が得られないと、阿部は静かに「ね、天海さん」と自らの左手薬指の爪に語り掛けていた。