男性アイドルグループ「SixTONES」のメンバー・京本大我さんが8月2日に発売の雑誌「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場します!

8月2日に開幕するオリジナルミュージカル「流星の音色」に主演として登場する京本さん。「流星の音色」は、1年に1度だけ橋が架かる二つの星を舞台にした恋物語となっており、同誌のインタビューでは京本さんが作品について語っています。

京本さんは同作品において主演のみならず音楽も担当しており、「観劇の帰りになんとなーく鼻歌を口ずさんで、いい曲だなと思える曲作りを目指した」と語っています。

また、王位継承の重圧に葛藤する役柄に「親が芸能界にいるのはある種、境遇が近いのかな」とコメント。父である俳優・京本政樹さんの存在について触れつつ、「ただの2世じゃなくて、しっかりこいつの良さがあるなって感じてもらうように毎回ステージに立っている」と語りました。

そして、インタビューではグループのメンバー6人の間で「愛」を実感したエピソードについても明かしています。

同誌のその他の内容は、定年後も長く続く人生をいかに過ごすかを考える特集、作家・瀬戸内寂聴さんのお別れの会についての特集、損をしない電力会社選びなどとなっています。

京本大我さんが表紙を飾る雑誌「週刊朝日」は8月2日に発売です。

週刊朝日 最新号:2022年8/5号 (発売日2022年07月26日) 朝日新聞出版
Fujisan.co.jpより