オードリーの春日俊彰さん、声優の雨宮天さんが12月1日に都内で行われたDMM.comの新たなエンタメサービスの発表会に登場しました。

この日発表されたのは、新たなサブスク会員システム「DMMプレミアム」、並びに新たな総合動画配信サービス「DMM TV」になります。

COO村中氏、新サービスDMM TVで「最高のエンタメ体験を」と宣言

イベントには同社COO村中悠介氏が登壇し、今回のプロジェクトについて「創業当初から注力してきたのはエンターテインメントに他なりません。また、エンターテイメント領域で幅広く事業を手がける中で、多面展開されたIPコンテンツをDMMの複数のサービスで取り扱い、1つの作品を多角的に楽しめる環境にも力を入れてきました」と挨拶しました。

アニメ・エンタメ作品が見放題となる動画サービス「DMM TV」と、各種エンタメサービスを月額550円で楽しめるサービス「DMMプレミアム」のサービス内容を紹介しました。

村中氏は「サブスクリプション動画配信としては、我々が最後発だと思っています。しかし、最後発だからこそ既存のさまざまなサービスの良いところを研究してきました。コンテンツ・クオリティ・料金にこだわったサービスを自信を持ってお届けいたします。最高のエンタメ体験を皆さんにお約束します」と力強く語りました。

アンバサダーに選ばれた春日、雨宮、高橋

「DMM TV」のアンバサダーにはオードリーの春日俊彰と声優・雨宮天、女優・高橋ひかるが就任。イベントには春日と雨宮が登壇しました。

イベントに多くのマスコミが集まったことに対して、感想を求められると「いや、ありがたいですね。私と天くんが来るんだから、最低限、これぐらいは来るだろうなとは思ってましたけど」と春日節で会場を沸かせました。

イベントでは、春日と雨宮が「何かに出会って、世界が変わった経験はありますか?」と推しが見つかるのコンセプトに関連した質問が飛び、春日さんは「キン肉マン、キン肉スグルですな」と回答。「やっぱあのヒーローを、チビッ子のころに憧れまして、あれが人生で最初の教えですね。今は立派なボディビルダーとして、この場に立ってるわけですから」と笑顔を見せた。

さらに、「推しがいると人生や行動が変わるわけですよね」と質問されると「そうですよね。こういうとき、スグルだったらどうするかなと考えるわけですから、ゆでたまご先生の作品の一部ですよ。あと若林さんの作品の一部。ピンクベストや髪型を与えてくれましたから」と相方の若林さんについてコメントしました。

一方の雨宮は「らんま1/2」と回答。「女らんまの強くてかわいいところがすごく好きで、私もこんなふうになりたいなと憧れていました」と幼少期の思い出を明かしました。

その後、大人になっていくにつれて新たな推しができたと言い「人生って辛い瞬間があるじゃないですか。でも、お家に帰ったら推し活するんだって思うと頑張れたり、原動力になってくれているんです」と推しに対する熱い思いを語りました。

「DMM TV」「DMMプレミアム」とは

「DMM TV」とは、DMM.comが12月1日から開始する、アニメ・エンタメ作品が見放題となる動画サービス。独占配信作品を含め、エンタメ含む12万本、アニメだけで約4600作品を年内にラインナップ。

また、ビデオオンデマンド形式による配信だけでなく、リアルタイム配信形式での番組提供も。アプリ内のブックタブから漫画を読めたり、同時視聴しているファン同士の盛り上がりを加速させるコメント機能を楽しめたりと盛りだくさんなサービスになっています。

DMMプレミアムに加入することで、新作から独占配信作品、オリジナル作品などのコンテンツをスマートフォンやPC、テレビから楽しめます。

「DMMプレミアム」とは、今回発表された「DMM TV」などを含む各種エンタメサービスを月額550円で楽しめるサービス。登録時には、初回30日間無料に加えて、3ヶ月550円相当のDMMポイントが還元。このDMMポイントは、個別の作品購入だけでなくDMM各サービスにて利用できます。