佐藤大樹と橋本環奈が28日、都内で行われた映画『小説の神様 君としか描けない物語』(10月2日公開)の公開直前イベントに佐藤流司、杏花、莉子、坂口涼太郎、片岡愛之助、久保茂昭昭監督と参加したゾ。

初共演の佐藤と橋本はお互いを「コミュ力の神様」(佐藤)、「令和のマルチ神様」(橋本)と表現。その理由について佐藤は「誰とでも仲良くなれるし、年齢に関係なく懐に飛び込むのが上手」と橋本のコミュニケーション能力の高さを賞嘆だ。

一方の橋本は「ボケるときに必ず自分のことを“令和の○○だ!”という。令和という言葉を使いたがる人」と佐藤の天然ぶりを暴露しつつ「パフォーマーとしても俳優としてもお話もお上手。全体的にマルチに活躍できる人だと思うから」と八面六臂ぶりを高評価。すると佐藤は「令和という言葉の響きが好きなんです。なんか頭がよさそうに見えるかなぁと思って」と語り出して、天然ぶりを白日の下にさらしていた。

気鋭の作家・相沢沙呼によるベストセラー青春小説を、佐藤&橋本のW主演で映画化。ナイーブで売れない小説家・千谷⼀也(佐藤)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本環奈)が力を合わせて大ベストセラーを生み出すべく共作に奮闘する。

橋本の印象について佐藤は「橋本さんにはほかの作品でツンツンしていたり、怒鳴ったりしているイメージがあったので、そういうような方なのかと思った」と対面前は怯えていたようだが「実際は物腰も柔らかくて何も飾らずフランクに話してくれる女優さん。一ファンとして国民的に愛されている理由がわかりました」とイメージ激変。それに「恐縮です」と肩をすぼめる橋本は「大樹君は誰とでも仲良くなれる人。年上にも年下にも好かれる」と褒め返していた。