それは6日に都内で行われた映画『朝が来る』(10月23日公開)完成報告会見でのこと。永作博美、井浦新、河瀨直美監督、蒔田彩珠、浅田美代子、佐藤令旺が参加したザ!

河瀬組初参加の永作は、厳しいと知られる河瀬監督の演出について「私たちに何かを要求するというか、無言の圧。わかっているよね?というのがある。現場でこっちの気付かせようとするというか、考えろということかと。選択を迫られる。そんな経験はなかなかない」と洗礼だジ!

撮影中は演じるキャラクターそのものの状態をキープする“役積み”という河瀬組ならではの方法論があり「プレゼントを買ってきてとか、突然一人にされて役と対峙させられたり、急に色々な指示が飛んでくる。スタッフをどんどん信じられなくなる」と証言ズ。

温泉に泊まるシーンでは「カメラが回っていない中でお風呂に入ったり、井浦さんとの食事が用意されていたり、そのあたりで罠だと思った。これは夫婦として実際に泊らせる気なのか?と。どこかにカメラがあるのではないかと疑心暗鬼になるくらい、各シーンに役積みがありました」と徹底ぶりに驚いていたゼ!

河瀬監督が「でも美味しそうなゴハンでしたよ?」とケロッとすると、夫役の井浦は「何が仕掛けられているかわからないので、ゴハンを食べるだけなのに緊張していて、味なんてまったく覚えていない」と超ビビッていたゾ!

映画『朝が来る』

作家・辻村深月による同名小説を、映画『殯の森』など世界的に評価の高い河瀨直美監督が映画化。特別養子縁組で男の子を迎え入れた栗原清和と佐都子夫婦のもとに、産みの母親を名乗る女性から「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってくる。

10月23日、公開予定。