「日本一エロすぎるグラビアアイドル」こと森咲智美さんが12日、都内で開催された2021年カレンダーの発売記念イベントに出席。拍手をしたくなるほどナイスな衣装で登場し「いち早いクリスマスの、日本一エロすぎるサンタさんでございます」と笑顔を見せた森咲さんは、カレンダーへの思いや、この1年の活動について語ったほか、欲しいクリスマスプレゼントも明かしました!

森咲さんはカレンダー発売を迎えた心境を問われると「毎年出させていただいていて、本当に嬉しく思います。このカレンダーって、1年の総まとめのような、この1年活動したものがここに詰まっているので、すごく感慨深いものがございます」と喜びのコメント。

お気に入りのカットには、シースルーの水着を着用したものを選び「自分でも衝撃的な、新しいエロさを発見できたなと思っているので、これがすごく好きで」と満足気。「最初は、着るのに戸惑ったんですけど、この水着は。私ですら」と照れ笑いを見せつつ「でも着ていると、すごく繊細で、きれいなものなので、ぜひ12月が終わってからも、貼っていただければなと思います」とファンに呼びかけました。

2020年の振り返りを求められると「今年は、すごくステップアップできたかなって思う年で。すごく色々なチャンスをいただけた年だったので。バラエティだったり。『ゴッドタン』さんとか『マツコ会議』さんで、勉強させていただいたりとか。昨日公開の映画『新解釈・三國志』というのも、初めて福田(雄一)監督のもと(出演)させていただいて。本当に、いろいろな経験をさせていただいた年だなって思っています」としみじみ。

「コロナの影響で、いろいろ自粛とか、大変なときもあったんですけど、そういう部分でファンの方と関係者の皆さんと、いろいろ(一緒に)戦うというか、戦っていけた年かなと思っています」とも語った森咲さん。「もう一つチャンスがあったなっていうのは『詐欺バスト術』(『人気グラビアアイドル直伝! 詐欺バスト術』)っていう本を、14日に出させていただくんですけど、そういう機会もいただけていて。新しい私のステップアップにつながるものを、今年は準備できたかなと思います」と手ごたえを感じているようです。

その後は本に絡めて「今日も詐欺をしてきて。ちょっとメイクをしてきました。おっぱいに」と明かし「ハイライトを全身に入れてきました。なので、ちょっと若々しさとハリと、ピチピチさとプルプルと、巨乳さを、ちょっと今日は演出してみました。詐欺ってます(笑)」とも。「よく見ていただけるとキラキラしているので、よかったら」と報道陣に谷間を見せつけるサービスも…。思わず心の中で「ありがとうございます」と10回唱えました。

クリスマスの予定に話が及ぶと「本当にありがたいことに、たくさんお仕事をいただいているので、マネージャーさんと過ごします。25日は生放送の予定」と報告。欲しいクリスマスプレゼントは「家」だそうで「YouTubeとかも、ちゃんとやりたくて。家でも撮影できるようにしたかったので。撮影部屋と衣装部屋っていうのが、ちゃんと欲しいなって思っているので、お家が欲しいです」と白い歯を見せました。

また、セクシーな衣装をどのように収納しているのかについては「けっこう私は雑なので、くしゃくしゃって(笑)」と告白。「すごいんですよ、本当に。もう何着あるかってくらい。200着くらい、今はあるんじゃないかくらい、お家にたまっているので、それをちゃんと整理整頓できるようなお家、スペースが欲しいですね(笑)」とにこやかに話していました。