3月4日の「雑誌の日」を記念し、2020年に最も多くの雑誌の表紙を飾った女性を表彰する『第7回カバーガール大賞』が発表され、女優の井川遥さん(44)が「ファッション部門」を受賞。第5回カバーガール大賞から2回目の受賞となる。

井川さんは「カバーガール大賞 ファッション誌部門で一昨年に続いて今年も賞を頂けたこと大変光栄に思っています。」と感謝のコメント。

さらに、「ファッション誌を捲る楽しみは10代の頃からずっと変わっていません。歳を重ねる時に、手に取りたい雑誌がいつも傍にあって欲しいと思いますし、私自身、皆さんに楽しみにして頂けるような雑誌づくりにずっと関わっていきたいと思っています。」と"雑誌愛"を熱く語った。

『&ROSY』(宝島社)で毎月様々な表情で表紙を彩る他に、昨年は『LEE』(集英社)や『HERS』(光文社)の表紙に起用されるなど、大人の女性の魅力を存分に発揮した井川遥さん。タレントであり、家庭の顔も持ちながらブランドのディレクションも手がけるなど、多面的な魅力をもつ彼女がファッション雑誌のミューズとして輝き続け、ファッション部門の頂点に輝いたのは必然かもしれない。

なお、ファッション部門を受賞した井川遥さんのほか、各賞受賞者のコメントは『第7回カバーガール大賞 特設サイト』(http://magazinesummit.jp/covergirl)、『カバーガールTV』 (https://covergirl-tv.jp)にて公開されている。ファンは要チェックだ。