ソニーは、さまざまな「360 Reality Audio」のコンテンツが楽しめる『360 Reality Audio SOUND DIVE』を開設しました。

その目玉コンテンツとしてアーカイブ型オンラインフェス『360 Reality Audio SOUND DIVE FES』を開催。第一弾アーティストとして、鬼頭明里、私立恵比寿中学、Little Glee Monsterの3組が登場。自分の持っているヘッドホンさえあればアーティストが目の前に蘇り、まるでライブ会場で演奏しているかのような臨場感ある360 Reality Audioの疑似体験を楽しむことができます。

360 Reality Audioとは、ソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験です。ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけて球体の空間に配置し、アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感することができます。

URL: https://www.sony.co.jp/united/360ra_sounddive/

1人目のアーティストは、声優としても活躍している鬼頭明里。1st LIVE TOUR『Colorful Closet』の名古屋公演で披露した「23時の春雷少女」と「Tiny Light」のライブ映像を配信しています。ライブの音源は、臨場感だけでなく彼女のキュートな雰囲気を音で表現した360 Reality Audioならではの効果を楽しめます。

続いては、私立恵比寿中学。2019年に開催された「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん 令和元年 in 山中湖」から圧巻の2曲が体験できる。全身ずぶ濡れになりながらタオルを振り、放水に駆け回るメンバーに合わせてサウンドが躍動的に動き回るなど、ライブと同様の迫力を味わえる「MISSION SURVIVOR」。「元気しかない!」からも、会場全体がヒートアップする様子が感じとれます。

最後はLittle Glee Monster。メジャーデビュー5周年を記念した2019年のツアーの最終公演から、人気曲の「好きだ。」と「世界はあなたに笑いかけている」の2曲が登場。ファンの元へパワフルな歌声を届けに行くパフォーマンス映像はもちろんのこと、広い会場内でものびやかに美しく響き渡る5人のハーモニーはまさに圧巻です。

SOUND DIVE FES vol.1 https://www.sony.co.jp/united/360ra_sounddive/fes1/

※オンラインライブ中継ではありません。

また、360 Reality Audioの疑似体験が楽しめるスペシャルミュージックビデオを配信。4月9日からYouTubeにて先行公開していた大滝詠一「恋するカレン」に加え、新たにDoul「Howl」、Eru Matsumoto「Three Days」が配信されている。

URL:https://www.sony.co.jp/united/360ra_sounddive/#j_music

大滝詠一 MV イメージ

Doul MV イメージ

Eru Matsumoto MV イメージ

 

SOUND DIVEは、今後も360 Reality Audioならではのアーカイブ型オンラインフェスの開催、スペシャルミュージックビデオの配信など、様々なコンテンツを引き続き楽しんで頂けるように順次公開していくとのこと。

なかなかライブやフェスにいけない今だからこそ、ぜひこの臨場感を味わってみてはいかがでしょうか?