社会にスマートフォンというものが浸透してから十数年という時が経過しました。今では小学生向けのスマホというものもあり、子供の安全を守るための機能などが搭載されたスマートフォンとして普及しています。

そしてこの度、スマートフォングッズの商品開発やスマホアクセサリーブランド「iFace」の展開、及び通販サイトを運営する Hamee(ハミィ)株式会社は、小学生向けスマートフォン「Hamic POCKET L(はみっくポケット エル)」を 2021 年 12 月 10 日(金)から発売します。

Hamic POCKETについて

「Hamic POCKET」は、小学生が本格的なスマートフォンを扱う前の「プレスマホ」として“親子の「安心」「楽しい」「リテラシー」を叶えるプレスマホ”をコンセプトに誕生した子ども向けスマートフォンです。

「小学生の子どもに、連絡・防犯手段として携帯電話を持たせておきたいけど、本格的なスマートフォンを持たせるのは心配」という保護者の方の悩みを解決する機能に加え、子供が気に入るデザイン性も持ち合わせています。

この度、その「Hamic POCKET」が「Hamic POCKET L」として新たに生まれ変わりました。

Hamic POCKET L

 

「Hamic POCKET L」は、従来の「Hamic POCKET」に比べて、電池容量が 2 倍となっており、待機状態で3日程度充電無しでも使用が可能です。

小学生の親子のスマホ利用に関する調査を行ったところ、子どもの登下校中や塾に通う時など、親自身の目が届かない時でも子どもの安全や見守りのためスマホを持たせているという理由が多いことが分かりました。

それらの結果を踏まえ、今回、「Hamic POCKET」の充電機能の改善を実施。電池容量が従来の 2 倍に向上したことによって、より見守り力の高い製品へと進化しています。

Hamic POCKET Lの特徴

電池容量が従来の 2 倍に

電池容量を従来の 2 倍に向上させることで、待機状態で 3 日程度充電無しでも使用が可能となります。※ 利用環境・状況により差異が発生する場合があります

メッセージング、音声通話サービス

専用アプリを介して、家族や友達と音声通話やメッセージ、画像のやりとりができます。また、専用のアプリを介して行うメッセージのやりとりは親が見守ることが可能。専用アプリを介した場合は、通話の料金もかかりません。

コミュニケーション見守りサービス

子どもと一緒にいない時間の保護者の不安を解消する複数の機能を備えています。

・コミュニケーションの見守り(友達とのメッセージのやりとりを専用アプリで確認)

・GPS でのリアルタイムに居場所確認

・利用コンテンツの見守り(「Google ファミリーリンク」を利用し、アプリのダウンロードや利用時間などを管理)

・防犯ブザー付き(ブザー作動時に設定したスマホに子供の位置情報を通知。引っ張り型ブザーは Android 端末では日本初)

大人と同じ「iFace」デザイン

スマホケースブランド「iFace」のデザインを採用し、「大人と同じものを持ちたい」という子どもの気持ちに応えています。また、サイズは子どもが持ちやすいミニサイズとなっています。

 

小学生のお子さんに防犯や連絡手段としてスマートフォンを持たせることを検討している方は、「Hamic POCKET L」をチェックしてみてはいかがでしょうか。製品の詳細は以下の通りとなっています。

Hamic POCKET L 製品概要

Hamic 公式サイト URL:https://hamic.ai/pocket/

本体価格 : 18,700 円(税込)※2021 年 12 月 10 日(金)発売予定

月額基本料金: 1,100 円(税込)ベーシックプラン(データ通信 1GB 付)

カラー : Pink、Blue、White

特徴:保護者は全ての通信キャリアに対応、いつでも契約・解約可能、端末があれば自宅で契約可能、防塵防水

スペック :専用ケース装着時

・サイズ:本体約縦 10.5×横 5.53×厚 2.39cm(専用ケース装着時)

・重量:重量約 152g(専用ケース・専用バッテリー装着時)

・ディスプレイ:3.0inch

・電池容量:2,000mAh

AERA with Kids(アエラウィズキッズ) 最新号:2021年10月号 (発売日2021年09月03日) 朝日新聞出版
Fujisan.co.jpより