新型コロナウィルスの影響でリモートワークが主流の昨今、荷物が増え、バッグが重くなり、リュックの場合は肩に負荷を感じる方が増えてきたのでは無いでしょうか。

そんな中、ドイツ生まれで他のバックには無い様々な機能性を持っているSALZENを徹底解析。

ドイツ生まれのSALZEN (SAVVY)

2017年からドイツでビジネスマン向けのバッグの開発を始め、今年4月に日本に初上陸した。SALZENは、人間工学に基づいた企画や開発を中心に、「ミニマル、高機能、高品質、フェア」の4つの原則に基づいたクリエイションで、バッグのデザインや品質はなどよりよい商品をお客様に提供をしているブランドである。

SALZEN公式ホームページ:https://www.salzen.jp/?utm_source=magazin_sal_top_2021&utm_id=magazin_sal_top_2021

話題を生んだSAVYYのスーツストラップ

その中でも、とあるパーツが他のバックには無いと衝撃や話題を起こしている。それが超柔軟性の高いスーツストラップである。

バックのストラップの部分は、基本的には肩や首・背中への負担を軽減するために、ストラップ部分にクッション等を使用しているバックが多い。

だが、SAVVYは2年の商品開発期間を経て生み出したのが「人間の身体に沿うように」ストラップ部分がカッティングされている。それによってバックの重さが一点に集中せず分散できることにより身体への負担を軽減できるようになっている。

実際にお客様からは「ストラップ部分が薄すぎてびっくりした!」や「以前リュックより負担がなく身体にフィットしている!」などの声が上がっているという。

超便利!超収納!なバックの中身

スタイリッシュかつコンパクトであるバックだが、中身はしっかり小分けができて整理できるのもポイントになる。

PCクッションがしっかり付いているので裸のままPCの持ち運びができたり、PCや携帯に必要な充電コードやマウス・モバイルルーターなどの付属品もファスナー付きの箇収納が可能になっている。

男女問わず普段使いはもちろん、ビジネスマンやクリエイティブなどといったPCを毎日持ち歩く方は収納がしっかりできるのは欠かせないポイントになるのではないだろうか。

動画の後半で紹介をしているが、パスケースをバックの底面に収納ができるのは個人的にはかなり重宝できるおすすめするポイントである。パスケースなどはすぐに使用するケースが多いためバックを背負ったまま取り出しができることでよりスマートに生活が可能に!また、バックの表面等にパスケースをしまうのは良いが背負っている状態からだと死角になる為安全面も正直不安抱えていた。ぜひこの機能を活用して欲しいと思う。

期間限定POPUPストア開催中

SALZEN では11月24日から12月7日まで伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 バッグ&ラゲッジで開催中! 今年の一年頑張った自分へのご褒美やクリスマスプレゼントにも最適な商品。ぜひこの機会に足を運んでみては?