「何とも思っていない子には好かれるけど、好きな子にはなかなか好きになってもらえない」そんな悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。モテないわけではないので、好きな子に振り向いてもらえないのには何か理由があるはず! ここでは好きな子にだけモテない原因を一緒に考えていきましょう。

タイプではない

女性には「かっこいい系」「さわやか系」「かわいい系」など好きな男性のタイプがあります。残念ながら相手のタイプに当てはまることがなければ、恋愛には発展しずらいです。かっこいい系の男性が好きな女性に、かわいい系の男性がアタックしてもその恋が実る確率はごくわずか。

好きな女性のために思い切ってイメチェンをするのもいいですが、そうしたことで必ずしも相手に好きになってもらえるとは限りません。こういった場合は諦めるしかないかもしれません。

男友達だと思われている

好きな子に男友達だと思われている場合も恋愛に発展しずらいです。女性は一度、男性を友達と認識してしまうと異性としては見れなくなってしまいます。友達なので食事へ行ったり、遊びに行ったりと仲良くはできるでしょう。しかし、それ以上に発展することはありません。

そうした現状からの脱却としては、女性に男であることを意識させること。重い荷物を持ってあげたり、時には抱きしめたりと、強引な姿を見せるのも効果的です。

相手に好きな人がいる

女性側に他に好きな男性がいる場合も、いくら魅力的な男性であっても振り向いてもらうのは難しいでしょう。そういった女性には失恋したタイミングで近づき、側で話を聞いてあげると、振り向いてもらえる可能性が一気に高まります。

誰にでも優しい

誰にでも優しく接する男性は周囲から好かれます。大抵の人に好かれはしますが、好きな人に好かれるかどうかはわかりません。

女性は誰にでも優しい男性よりも自分にだけ優しい男性に惹かれる傾向があります。なので誰にでも優しく振舞うのはいいことですが、好きな相手にだけ、特に優しくしてみたり態度を差別化するといいでしょう。

タイミングが悪い

恋愛はタイミングが大事。女性側が恋愛に前向きになれない時にアタックしても効果はありません。いくら魅力的な男性であってもタイミングが悪ければ女性は恋愛する気になれないでしょう。

告白のタイミングをしくじり、誰かに先を越されるなんてことも。少しでもこちらに気持ちが向いていると思ったタイミングで積極的にアピールしよう!

モテないわけではないのに、好きな子にだけモテないというのは何かしらの原因があるはずです。原因を見つけ出し、女性への接し方をもう一度考えてみてください。