既婚マウントは女性だけが受けるわけではありません。既婚者の上司や友人から『まだ結婚しないの?』と聞かれて嫌な気持ちになってしまう方必見の『既婚マウント』の上手な交わし方をご紹介します。

マウントを取る理由は自信がないから

そもそも『既婚マウント』を取ってくる理由は「自分の結婚が正しかったのか?」と不安になっていることが原因のひとつにあります。

自分の判断が正しいと思いたい気持ちから、相手を見下す発言をすることで、自分の気持ちを保っている場合がほとんどです。

サラリと受け流すのが一番!

結婚したことへの自信のなさを解消するために取ってくる『既婚マウント』に対して、まともに対応する必要はありません。既婚マウントは「そうだね〜」と軽く受け流しましょう。

軽くあしらい、興味のない素振りを見せれば相手のマウントを取る気持ちが削がれます。

自分の情報は出さないようにする

相手に自分の悩みや近況を伝えることで、その情報から自然とマウントをとってきます。マウントを上手くかわすためにも、余計な話のネタは与えないようにしましょう。

既婚マウントをとってくる人は、相手の近況を知ってからターゲットにしてくるため、余計な情報を与えないように気をつけましょう。

皮肉を言われたら「そうなんだ」と同意をする

既婚者に「独身は気楽でいいね」や「結婚してないと自由に過ごせていいよね」と皮肉めいたマウントを取られた場合は、尻込みせず「そうなんだよね」と同意しましょう。相手の会話を肯定するだけなので、マウントをとりづらくすることが出来ます。

皮肉ととらえず相手の発言をあっけらかんと肯定して、上手くマウントをかわしましょう。

『既婚マウント』を取れても相手にしないことが一番効果的

自分の気持ちに安定させるために『既婚マウント』を取ってきても、真面目に相手をする必要はありません。できるだけ軽く受け流して、相手と距離を置きましょう。

あまりにもしつこくマウントをとってくる場合は、心の中で“この人は自分に自信がなくて可哀想な人だ”と思いながら「結婚したくなったら、そのとき相談するよ」と笑顔で逃げましょう。