10月6日(火)にメットライフドームで行われたプロ野球 埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークス戦にて、『マネードクターデー』が開催された。

『マネードクターデー』とは、埼玉西武ライオンズと2020年度のオフィシャルパートナー契約を結んでいる株式会社FPパートナーが、自社のサービスである「マネードクター」を冠して行った一夜限りの特別イベント。マネードクターは、ファイナンシャルプランナーに家計の見直しだけでなく、お金にまつわる様々な相談が無料で出来るサービス。

マネードクター

https://fp-moneydoctor.com/

編集部も招待されたので、取材という立場を利用して熱い試合を観戦させてもらうことに。

@SEIBU lions

当日には、ライオンズの本拠地であるメットライフドーム近隣の野球チームで活躍する小学生による始球式や、抽選で5名の方に選手直筆サイン色紙がプレゼントされる限定企画もあり、会場は大いに盛り上がった。

序盤はヒットも少なく静かな立ち上がりであったが、一進一退の攻防が続き、徐々にヒートアップしていく会場のボルテージ。

筆者は20年ぶりの野球観戦であったが、野球経験豊富な編集部一の野球オタクに同行いただいたので十分楽しめた。

素人では気付かないランナーコーチによる一瞬の指示や、各バッターによって守備位置を変えているなど、普段TVでは見えない試合中の細かな動きが全体を通して見ることが出来るのは最高の一言である。

キャプション:会場ではこんなチラシも配られていた!

気になる試合結果は、8回裏に埼玉西武ライオンズ・森選手の三塁打が決め手となり、ライオンズがホームでの勝利を収め、見ごたえたっぷりな熱戦は幕を閉じた。

終了後、株式会社 FP パートナー 経営企画部 マーケティング室 課長の平田さんに『マネードクターデー』を開催するにいたった経緯などについてインタビューを実施した。

―埼玉西武ライオンズとのスポンサー契約を結ぶに至った経緯はありますか?

弊社の代表取締役社長である黒木が埼玉西武ライオンズの球団としての考え方や、ファンを大切にする姿勢に対して非常に強い共感を持っていたこともあり、“スポーツを通して地域貢献をしたい”ということも含め、スポンサー契約を結ぶことになりました。

―新型コロナウイルスの影響で会場自体もMAXでの集客が難しい中、このタイミングで『マネードクターデー』を開催することにしたのは何故ですか?

(コロナによって)エンターテイメントも含め、色々な楽しみが減っていたと思います。

そんな中、少しずつではありますが、スポーツが楽しめる環境に戻りつつある今、盛り上げることに協力ができるならばという思いで開催することにしました。

微力ではありますが、皆さまに笑顔をお届けし、地域活性化のお役に立てればと考えております。

キャプション:素敵な笑顔で答えてくれた平田さん

たしかに、生で観戦して感じたことがある。その熱気と興奮で込み上げるワクワクした気持ちや高ぶる感情。それこそ、スポーツの力がもたらしてくれているということだ。

1日でも早く、普通の日常に戻れることを願いたい。

日経マネー
Fujisan.co.jpより