唐突だが、これを記している筆者は自他ともに認めるハゲだ。薄毛とか抜け毛なんてもう気にならないぐらい、坊主頭にして長い。

そんな坊主頭をニット帽で覆い、大寒波のなかを耐えしのぐ1月の終わり。興味深いデータが飛び込んできた。

発信元は、名古屋市にある「いいね鍼灸院」。同院は2017年11〜12月、全国の20代〜60代の男女で、薄毛・抜け毛の対策を行ったことがある1062名を対象にアンケート調査を実施。

その結果、83.4%の人が改善効果を感じていないにも関わらず、薄毛・抜け毛対策を続けているという。

利用経験率上位の3つの対策「頭皮マッサージ」「シャンプー」「育毛・発毛剤」は、個人の印象度でいずれも「改善効果があった」と回答した割合が 25%未満と低く、利用経験率と改善効果にミスマッチが見られたという。

同院はこの結果について「適切ではない薄毛・抜け毛対策を行う人が多い。それでも薄毛・抜け毛で将来不安がある人が8割以上もいる」と現状を伝えている。

興味深いのは、グラフの下段、緑で囲まれた数字。「改善効果があった」の回答が全体の半分を超えたのは「薄毛・抜け毛専門の整体鍼灸院で施術を行った」(60%)と、「医師に処方された薬を使った」(55.6%)の2つだけ。

そのなかでも、「薄毛・抜け毛専門の整体鍼灸院で施術を行った」は、全体の回答数が5人と極めて少なかったため、あくまで参考値程度だが、5人のうち3人が「いいかも」と感じていることは確か……。

この調査は、鍼灸師で毛髪診断士認定講師の夜部達彦氏が代表を務める「いいね鍼灸院」が実施。同院では「薄毛の根本原因は『体質』にあることが多い」との考えから、薬や育
毛剤を使わずに、整体や鍼灸で体質を改善することによって、これまでに500症
例以上の薄毛・抜け毛を回復させているという。

医道の日本
Fujisan.co.jpより