パナソニック株式会社が運営する探求学習施設「AkeruE(アケルエ)」では、「ひらめきアワード2021」を開催。11月21日(日)まで、ノミネート作品を募集しています。

AkeruEは子どもの知的好奇心やひらめき力を育むクリエイティブミュージアム。SDGsやSTEAM教育をテーマとし、体験を通じて発想や創作の楽しさを学びます。このほど開催されている「ひらめきアワード2021」のコンセプトは“誰かをハッピーにする未来の商品をつくってみよう”。「世界中の人を助けるもの」から「クラスの友だちを笑わせるもの」まで、子どもの感性が詰まった作品を募集しています。

https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-tokyo/akerue/campaign/award2021.html

インスタグラムで応募、豪華プレゼントも

ノミネートはインスタグラムから。AkeruEアカウント(@ akerue_panasonic)をフォローし、撮影した作品に「#ひらめきアワード2021」、「#AkeruE」、「#アケルエ」を付けてインスタグラムで投稿するだけ。

ノミネート作品は「ひらめき部門」と「ハッピー部門」に分けて選定。テーマ性や独創性、表現力、実用性の観点から採点します。それぞれ4作品が入賞となり、その中で「ベストオブひらめき賞」、「ベストオブハッピー賞」に選ばれた人には豪華プレゼントが。オーブントースターやホームベーカリー、電気圧力鍋など、お母さんが喜びそうなパナソニックの人気家電です。

参加条件はエントリー時点で15歳以下の子どもの作品を投稿された人。日本国内に在住し、郵便物の受け取りが可能な人となります。

入賞作品は12月から会場で展示

応募期間は11月21日(日)の23時59分まで。一次審査を経て、12月4日(土)にAkeruE公式インスタグラムで入賞作品が発表されます。続いて二次審査です。12月4日から12月10日(金)まで、パナソニックセンター東京(東京都江東区有明)内のAkeruE会場に展示される入賞作品に一般投票を実施。AkeruE公式インスタグラムにも入賞作品が投稿され、「いいね」の数を競います。

また、AkeruEアンバサダーの筧康明氏、鈴木順平氏が審査員として参加。最終結果は12月中旬で、発表イベントと表彰式を開催予定です。

「将来、何かを発明したい」と思っている子どもは是非参加してもらいたい企画。また、会場やインスタグラムで未来のエジソンくんの発明品が見られるのも嬉しいですね!