皆さま、ラブレターにはどのような思い出がありますでしょうか?もらってうれしかった、書いてはみたけど渡せなかったなど、人によって様々な思い出があると思います。今回、そんなラブレターに関するコンテストが開催。また、ラブレターを書いて投函する体験イベントも実施されます。

その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜

日本製紙連合会は、「片思いの相手」、「恋人・夫婦」、「家族」、「友達」などの大切な思いを伝えたい相手に対して綴ったラブレターを募集し、優秀作品に選ばれた方に豪華家電をプレゼントする「その気持ち、紙に書いて伝えよう〜ラブレターコンテスト〜」を 1 月 17 日(月)〜2 月 28 日(月)に開催します。

同コンテストは2011 年から行われており、今回が12回目の開催。普段からメールを使ってコミュニケーションを行っている若い世代を中心に、手紙を書く体験を通じてデジタルなコミュニケーションにはない、紙に気持ちを書いて伝えることの良さを知ってもらうことを目的とし、開催されています。

応募カテゴリーは全部で4つ。部門ごとの優秀作品を書いた方には豪華賞品がプレゼントされます。

・「片思いのあの人へ」部門 dyson hygienic mist 4 名

・「恋人・夫や妻へ」部門 BALMUDA The Brew K06A-BK 4 名

・「家族へ」部門 シャープ オーブンレンジ RE-WF232-W 4 名

・「友達・その他へ」部門 BRUNO コンパクトホットプレート コンプリートセット 4 名

 

 

また、優秀作品は日本製紙連合会のホームページで発表。ラブレターコンテストの概要は下記HPより。

ラブレターコンテストHPhttp://kamitsubu.com/campaign/loveletter/2022/

ラブレターコンテスト審査員

審査委員長:佐々木 圭一さん(コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師)

上智大学大学院を卒業後、株式会社博報堂入社。米国 TBWA を経て、2014 年クリエイティブ ブティック「ウゴカス」を設立。国内外で合計 55 のアワードを受賞。著書『伝え方が 9 割』はシリーズ 148 万部突破。「世界一受けたい授業」「情熱大陸」など TV 出演多数。

広告キャラクター:石川 涼楓さん

ABEMA「今日、好きになりました。」参加をきっかけにブレイク。2021 年 秋-冬「10 代女子が選ぶ好きな女性インフルエンサー9 位」にも選ばれる。モデル・女優など幅広く活動する現役女子大生。

イベント 「バレンタインデーは、手紙を書こう。」

ラブレターコンテスト開催に伴い、ラブレター執筆体験イベント「バレンタインデーは、手紙を書こう。」が、2 月 11 日(金・祝)、12 日(土)、13 日(日)の 3 日間、池袋サンシャインシティ・噴水広場にて開催されます。

イベントでは、会場で配布されるレターセットに自分が気持ちを伝えたい相手に対しラブレターを書き、ハート型のポストに投函。投函を行うとラブレターコンテストへ応募ができ、景品がもらえるガラポン抽選会に参加することができます。

・イベント実施期間

2022 年 2 月 11 日(金・祝)、12 日(土)、13 日(日) 11 時 00 分〜20 時 00 分

※ラブレターコンテスト専用ポストは、会場に 2 月 10 日〜2 月 14 日の間設置されます。

・実施会場

池袋サンシャインシティ 噴水広場 (専門店街アルパ地下 1 階中央)

※新型コロナウイルス感染拡大の状況に応じてイベントが中止となる可能性があります。中止決定の場合、ホームページ(http://kamitsubu.com/)でお知らせ予定です。

 

大切な相手に伝えたい気持ちがある方はラブレターコンテストへ応募、またはイベントを訪れてみてください。

公募ガイド 最新号:公募ガイド社
Fujisan.co.jpより