環境問題への配慮が必要とされている昨今、様々な企業が問題への取り組みを行っています。この度、コカ・コーラシステムでは、プラスチック使用量の削減を目指し、新たなラベルレスボトルを使用した飲料を販売します。

新ラベルレスボトル

コカ・コーラシステムは、「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロシュガー」100%リサイクルPETボトル350mlを、新ラベルレスボトルで2022年4月25日よりオンライン限定(Amazon.co.jp先行販売)で発売。

100%リサイクルPET素材を使用することで1本 あたり約60%のCO2排出量を削減(※1)し、従来の同サイズのラベルレスPETボトルと比較して2gの軽量化を実現。「コカ・コーラ」のスペンサーロゴをデボス加工であしらうことで、ブランドの訴求とプラスチック使用量の削減を両立しています。

※1︓一般的なPETボトルから100%リサイクルPET素材に切り替えた場合。

「コカ・コーラボトル」の歴史

「コカ・コーラ」の特徴的なコンツアーボトル(胴部がくびれたボトル)は、1915年に誕生したもの。開発のコンセプトは「暗闇で触っても地面で砕け散っていても、『コカ・コーラ』のボトルと分かるもの」でした。

その後、100年以上が経った今でもこの形状は受け継がれており、独創的な形状のボトルはアートやデザイン、ポップカルチャーに大きな影響を与え続けています。今回発売される新たなラベルレスボトルは、その伝統に「サスティナビリティー」の要素を加えて進化させたものとなっています。

【コカ・コーラ】 「新ラベルレスボトル登場」篇 Coca-Cola

[https://youtu.be/8pCyufQlbWA]

【コカ・コーラ】 綾瀬はるか 「新ラベルレスボトルインタビュー」 Coca-Cola

[https://youtu.be/IyReLCE71KQ]

コカ・コーラシステムの取り組み

日本コカ・コーラ株式会社と全国5社のボトリング会社などから構成されるコカ・コーラシステムは、2018年1月に発表した「容器の2030年ビジョン」に基づき、2025年までに全てのPET ボトル製品にサスティナブル素材を使用し、2030年までに全てのPETボトルを100%サスティナブル素材へ切り替えることなどを目指しています。

また、2020年には「多様性の尊重」「地域社会」「資源」の3つのプラットフォームと9つの重点課題を特定し、システム共通のサスティナビリティーフレームワークを策定。各領域において社会課題の解決を目指すことで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指しています。

2022年2月現在、国内で販売する5ブランド(「コカ・コーラ」「ジョージア」「い・ろ・は・す」「一(はじめ)」「ボナクア」)37製品に100%リサイクルPETボトルを使用。また、2020年4月に初めて発売したラベルレス製品は現在8ブランド18製品となり、いずれも今後順次拡大予定です。

一人ひとりが環境に配慮した商品を手にすることが大きな動きとなり、環境問題の解決に繋がっていくはずです。何かを買う時はそういったことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

オルタナ No.64 (発売日2021年03月31日) オルタナ
Fujisan.co.jpより