楽天グループは3日、サステナブルな買い物を提案するインターネット・ショッピングモール&オンラインメディア「EARTH MALL with Rakuten」において「“グリーン”な商品 売れ筋ランキング」を発表しました。

楽天は4月より、安心して暮らせる社会を次の世代へとつなぐために環境に配慮した“グリーン”な未来を呼びかける「Go Green Together」プロジェクトを始動。同プロジェクトの一環として、6月5日の「世界環境デー」に向け、「EARTH MALL with Rakuten」で扱う環境や持続可能性に貢献する“グリーン”な商品の中から、全年代のユーザーを対象とした売れ筋(総合)と20代のユーザーにおける売れ筋の2つのランキングを公開しています。

ちなみに「グリーンな商品」とは、「フェアトレード」「オーガニック」「サステナブル・シーフード」「エコフレンドリー」「アニマルウェルフェア」「地域活性」「社会貢献」「ダイバーシティ」の8つのキーワードに該当するものを指しています。

総合の売れ筋ランキングでは、海の自然環境に配慮しながら養殖された「ASC認証」を取得した「ごちそうスモークサーモン」、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らずに生産された「オーガニックルイボスティー」、「有機亜麻仁油」などの有機JAS認証オーガニック食品、森林破壊防止および生物多様性保全などに配慮されて生産・加工された「RSPO認証パーム油」を使用した「カップヌードル」が上位にランクインしました。

20代の売れ筋ランキングでは、兵庫県の伝統産業によって生産された「お香スティック」が1位に。さらに、労働者への負担が少ないフェアトレードで生産されたチョコレート「MINI’S BARS」が人気商品としてトップ3入りし、南アフリカの雇用創出や省エネにも貢献できるインテリア商品「瓶型ソーラーランタン」もランキングに入っています。

この結果を受けて、同サイトの担当者は「食品や日用品が多くランクインしており、サステナブルな商品が身近な存在として消費者の生活に入り込んできていることがうかがえる結果となりました」などとコメント。

20代のランキングについては「サステナブルなストーリーを通じて、商品の魅力を発信する『編集部のお買いもの日記』で紹介している商品がランクインしており、総合ランキングと比較して、より商品の背景を踏まえて購入を検討していることがうかがえる結果となりました」と指摘しています。

さらに「 6月5日(日)の『世界環境デー』に向けて、『EARTH MALL with Rakuten』においても、様々な商品紹介やサステナブルなお買い物をするためのコンテンツ通じて、“グリーン”な商品を日常に取り入れるきっかけ作りを今後も創出していきたいと考えています」と今後について抱負を語っています。