近年ではどの業界でも環境に配慮した製品が作られており、特にプラスチック製品においては、できるだけ削減していく流れとなっています。この度、シェービング関連製品などを提供する「Schick」でも、環境に配慮しハンドル部分に天然竹を使用した製品が発売となりました。

サステナブルなハイブリッドカミソリが新登場!

シック・ジャパン株式会社は、使い捨てカミソリ「エクストリーム3シリーズ」より、ハンドル部分の約70%に天然竹を使用した「エクストリーム3 バンブー」を、2022年5月27日(金)からSchick公式ストア、全国のバラエティショップ等にて先行販売しています。

「エクストリーム3シリーズ」は「曲がる3枚刃」による快適な深剃りが特徴。新商品の「エクストリーム3 バンブー」は、従来の使い捨てカミソリと替刃式カミソリの利点を併せ持つだけでなく、天然竹を使用し、よりサステナブルな特徴を備えた“ハイブリッドカミソリ”となっています。

エクストリーム3 バンブーの特徴

「エクストリーム3 バンブー」は、ホルダーのハンドル部分を天然竹70%、防水・防カビ効果のあるコーティング剤30%という割合で構成。竹はしなやかで丈夫であり、耐水性、抗菌作用も高く、資源として枯渇しにくいという特徴を持っています。

使用後には分別して可燃物として処理することができ、植物のため堆肥化することも可能です。竹をプラスチックの代わりに使用することで、プラスチックごみ削減につながることが期待できます。

また、刃の部分には75%リサイクルスチールを使い、カートリッジ交換が可能。フレームにはリサイクルプラスチック80%を使用するなど、構成する各パーツそれぞれに環境に対する配慮がなされています。

エクストリーム3 バンブー開発の背景

シックが以前に利用者への調査を行った結果、「使い捨てカミソリでも環境に配慮したい」という声があったそうで、シックではこういった声に応えるために、替刃式カミソリと使い捨てカミソリ両方の特徴を活かし、かつサステナブルな素材を使うという新たな“ハイブリッドカミソリ”の商品開発に着手したそうです。

日本では2022年4月1日より「プラスチックに関する資源循環の促進等に関する法律」(プラスチック資源循環促進法)が施行。「エクストリーム3 バンブー」は、脱プラスチックという社会的課題に対応する商品として誕生しました。

 

「エクストリーム3 バンブー」はSchick公式ストア、Amazon公式サイト、全国のバラエティショップ等で購入可能。カミソリでも環境に配慮した製品を使いたいという方は是非チェックしてみてください。

Schick公式ストア:https://schick.jp/products/smr035

DIME(ダイム) 2020年5月号 (発売日2020年03月16日) 小学館
Fujisan.co.jpより