100 万ドルの夜景と言えば、香港の「ビクトリアハーバー」が有名ですよね。生きている間に一回は見てみたい夜景ですが、今回、なんとその「ビクトリアハーバー」の「100 万ドルの夜景」が東京で見られることとなりました。

というのも、2022 年 7 月 28 日(木)〜8 月 7 日(日)の期間、東京・丸の内で「香港ミニチュア展」が開催。「ビクトリアハーバー」や香港の工業地帯、繁華街などの超精巧ミニチュアが展示されます。

「香港ミニチュア展」が開催

香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部は、2022 年 7 月 28 日(木)〜8 月 7 日(日) の 11 日間にわたり、東京・丸の内のKITTE アトリウムにて「香港ミニチュア展」を開催。このイベントは香港特別行政区の設立 25 周年記念イベントの一つとして開催されます。

今回の展示では、香港のミニチュア作家や各技術の専門家など、100 人以上のチームにより制作された新作を含むミニチュア作品を公開。中でも注目なのは、香港以外の場所では今回の東京が世界初公開となる「ビクトリアハーバー」のミニチュア。「100 万ドルの夜景」と称される絶景を、750 分の 1 スケール、3.5m x 1.5m x 1m で再現しています。

他にも、香港の古き良き伝統や独自の文化、超高層ビルが描き出す幻想的な風景など、ミニチュア作家たちの力作を「今昔 Old and New」、「傳統(伝統) Traditions」、「美食 Delicacies」、「節慶(祭りと行事) Festivals」という4つのテーマに分けて紹介。大小 40 点にのぼるミニチュア作品が展示されます。

香港ミニチュア展の見どころ

・ビクトリアハーバーの超精巧ミニチュア

今回の目玉はやはりビクトリアハーバーの超精巧ミニチュア。「100 万ドルの夜景」を照らす 40 棟の摩天楼の灯りや、伝統的な木造帆船「ダックリング号」など、完成までに 2 年もの歳月を要した力作となっています。

・かつての工業地帯、観塘の繁華街

かつて香港の工業地帯であった観塘 (クントン)の繁華街をミニチュアで再現。様々なビルや、まばゆいネオンサイン、点滅する信号、店や屋台、階段下の商店などが細かく再現された作品です。

・バンブーシアター

香港では日本のお盆にあたる「盂蘭節」などの祭りや祝日に伝統劇を上演するため、竹を組んで建てられる臨時の劇場が存在します。今回のミニチュアでは1,000 個以上の電球に一つ一つ色を塗り、花看板も手作りで作成しています。

 

細部まで作りこまれたミニチュアの数々。ぜひその目で実物を見てみてください。「香港ミニチュア展」の詳細は以下の通りとなっています。

「香港ミニチュア展」 in 東京 2022

「香港ミニチュア展」オフィシャルサイト

https://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/miniature2022/

会期:     2022 年 7 月 28 日(木)〜8 月 7 日(日)

観覧時間:   午前 11 時〜午後 9 時(初日 7/28(木)は 17 時開場予定)

会場:     KITTE アトリウム

入場:               入場無料

問い合わせ先: 050-5804-1762

【会期前】10:00〜17:00(平日のみ)・(12:00〜13:00 は除く)

【会期中】11:00〜21:00(土日祝を含む)

※会期や観覧時間については、予告なく変更となる可能性がございます。

MADURO(マデュロ) 2018年2月号 (発売日2017年12月22日) ソトコト・プラネット
Fujisan.co.jpより