パソコン向け高性能パーツを開発・販売する総合エレクトロニクスメーカー「ASUS JAPAN株式会社」は、ゲーミングブランド「Republic of Gamers」(以下ROG)と「エヴァンゲリオン」(以下、エヴァ)のコラボレーションPCおよび周辺機器を発表しました。

ROGと「スタジオ©カラー」のコラボレーションによる「エヴァンゲリオン・コレクション」は、最新技術を搭載したマザーボード、グラフィックスカード、ゲーミングケース、オールインワンクーラー、ゲーミングモニター、周辺機器、アパレル、ギアにいたるまですべてが「エヴァ」仕様。初号機のテーマカラーである紫と緑を中心にしつつ、PCケースや電源などは、NERV本部内の初号機格納ゲージをイメージした赤と黒で統一するなどの拘りぶりです。

見ているだけでテンション爆上げ!

2022年7月15日の発売開始に先立ち都内で開催されたお披露目会には、女優の加藤夏希さんが登場し、公開されたばかりのコラボパーツをPCに組み込む作業に挑戦しました。

慎重さが必要とされるCPU装着作業を前に、エヴァの主人公 碇シンジの名ゼリフ「逃げちゃだめだ!」をつぶやきながら真剣に取り組む加藤さんでしたが、途中、カバーが飛び跳ねてしまうアクシデントに遭遇。「も、問題ないですか?!」と慌てる姿が印象的でした。

その後、飛び跳ねたカバーにNERVのイラストが描かれていることに気づいた加藤さんは、“組み立て後、二度と使わないようなパーツもこだわって制作されている”と聞き「もう使われないなんてもったいない! ネックレスにしたいくらいです」とコメント。

さらに、各パーツやアクセサリーひとつひとつに細かくデザインがほどこされ、見えない裏部分にも手抜かりなくエヴァの世界観が再現されていることを確認しながら、「家に帰ってPCを起動させるところから、NERVの職員になったんだったという気持ちになりますよね!」と、大好きな「エヴァ」がデザインされたPCを前に興奮を抑えきれない様子でした。

現在、ゲーミングパソコンをさがしているという加藤さんは「(出会ったのは)運命だと思う。この商品を買います!」と宣言。「今回の初号機のデザインをきっかけに、弐号機や使徒などのバーションも出してほしい。ジョークの範囲内でモニター(スクリーンセイバー)とかに突然、使徒が現れたりするのも面白いかも」と想像を膨らませて楽しみました。

写真)PCの中心部、ROG MAXIMUS Z690 HERO EVA Edition(マザーボード)「ROG Maximus Z690 Hero」をベースに第12世代のインテルプロセッサ対応LGA1700ソケットを搭載し、最大128GBまでのメモリを装着可能。I/Oスロットカバー部分には初号機が描かれ、画像が時間経過で起動と暴走モードに変化。

発売は2022年7月15日を予定しており予約は7月1日より開始。一部商品は発売日、予約日ともに未定。詳細は https://rog.asus.com/jp/ まで。

Mr. PC(ミスターピーシー)
Fujisan.co.jpより