パルック LEDシーリングライト「ライフコンディショニングシリーズ」を展開するパナソニックは、11月4日の「いい推しの日」にあわせ、20〜40代の女性300名を対象に「推し活」に関する調査を実施。その結果、「推し活」をしている女性の7割以上が「推しの鑑賞」を週に3日以上楽しみ、鑑賞をより楽しむための「環境整備」をしたことが「ある/する予定がある」という人が3人に1人にのぼることが明らかになりました。

「推し活」とは、自分にとって「いちおし」の人・グループ・キャラクター・団体などに情熱を注ぐこと。最初に、どのようなジャンルにおいて「推し活」をしているかを聞いたところ、「国内のアイドル」(38.0%)が最多で、以下は「漫画・アニメ・ゲームのキャラクター」(22.7%)、「ミュージシャン・バンド」(22.3%)、「K-POPアイドル」(21.7%)、「俳優・女優」(14.0%)と続きました。実にさまざまなジャンルで「推し活」がおこなわれている様子がうかがえます。

具体的な「推し活」の内容として最も多かったのは「動画コンテンツの鑑賞」(76.7%)で、「公式SNSのチェック」(65.3%)を上回る結果に。以降も「テレビ番組の鑑賞」(63.7%)、「楽曲の鑑賞」(55.3%)と続いており、コロナ禍の影響もあってか、動画や音楽などのコンテンツ鑑賞による「自宅でできる推し活」を楽しんでいる人が多いようです。

また、最多回答の「動画コンテンツ鑑賞」の鑑賞方法としては、手軽に動画が楽しめる「スマートフォン・タブレット端末」(84.3%)だけでなく、「テレビ」(62.6%)も割合が多く、大きな画面で「推しの鑑賞」を楽しみたいというニーズもうかがえました。

さらに、「推しの鑑賞」は「鑑賞機器や空間演出によってより楽しめるようになると思う」という人が96.7%にのぼり、大多数が“環境整備”によって充実度が変わると考えているようです。実際に「推しの鑑賞」をより楽しむために、「鑑賞機器や空間演出にこだわるなどの“環境整備”をしたことがある/する予定がある」という人は3人に1人(33.3%)であることが判明。「良い商品があれば今後整備したい気持ちがある」(40.7%)という人も多く、合計すると7割以上(74.0%)が「推しの鑑賞」のための“環境整備”に関心を持っていることになります。

具体的にどのような“環境整備”をしたかを聞くと、「リアルなサウンドを楽しむためホームシアターを購入し、重低音や音質を本格的に楽しめるようにした」(25歳)、「推しが出ている番組や映像を見るためのテレビを25型から55型に買い替えて、画質も良いものにした」(31歳)といった回答がみられ、音、画質、臨場感のアップなどの工夫をしている人が多いようです。

この結果を受けて、同社は「推しの鑑賞」を充実させたい人におすすめの製品として、2022年9月に新発売した高品質ステレオスピーカー搭載・Wi-Fi対応のパルック LEDシーリングライト「ライフコンディショニングシリーズ」を提案。光と音を組み合わせることで気分を盛り上げてくれる「シーン演出」が可能で、照明器具に高品質ステレオスピーカーを搭載しているため、スマホやテレビとつなぐことで天井から迫力ある音を流すことができます。上から音が降り注いで聞こえるため、まるで「推し」の歌や声に包まれているような新感覚の臨場感を味わうこともできます。

ほかにも、同社はハイビジョン放送を最大10チャンネル×28日間、丸ごと自動で録画することが可能で「推し」の出演を見逃さないブルーレイディスクレコーダー「全自動ディーガ」や、アンテナ線の位置を気にすることなくモニターを好きな場所に移動させて「推しの鑑賞」を楽しめるキャスター付きスタンドの「レイアウトフリーテレビ(LF1シリーズ)」が「推し活」におすすめだと提案しています。

また、11月1日から2023年1月11日まで、パルック LEDシーリングライト対象商品の購入(応募は2023年1月23日まで)で、デジタルギフト最大3,000円分が「全員にもれなく当たる」というキャンペーンを実施。詳細はキャンペーンページ(https://panasonic.jp/light/campaign/cashback2022-p.html)で確認できます。

【パルック LEDシーリングライト「ライフコンディショニングシリーズ」スペシャルサイト】
https://panasonic.jp/light/products/ceiling/smart.html