全国農業協同組合連合会栃木県本部は、7日に『JA全農とちぎ「とちあいかカフェコラボ 2024」発表会』を開催。8日から期間限定で始まった「とちあいかカフェコラボ2024」を記念したもので、人気キャラクターのコリラックマが「とちぎのいちご大使」として登場しました。

栃木県産のイチゴ「とちあいか」は2018年に開発され、2019年から出荷している栃木県の新たなオリジナル品種。大粒で酸味が少なく、際立つ甘み、縦に切るとかわいらしいハート型になるのが特徴です。「とちあいかカフェコラボ2024」では「Afternoon Tea TEAROOM」および「ISLAND STONE COFFEE ROASTERS」とのコラボが実現し、オリジナルメニューが提供されます。

発表会イベントでは、JA全農とちぎ担当者や「Afternoon Tea TEAROOM」の商品開発担当者らが登壇し、プロジェクトの経緯、概要、メニューを紹介。サザビーリーグアイビーカンパニー商品部の石田紘子さんは、今回のオリジナルメニューについて「とちあいかを贅沢に使用した、2種類のメニューと紅茶を楽しむ、いちごづくしのスペシャルメニューとなっています。フルーツサンドは、いちごと相性の良いキルシュ入りのホイップでいちごをサンドし、カットした際にいちごがカット面に出てくるように工夫しました。パフェは、ストロベリーコンフィチュール、練乳ミルクプリン、ジャスミンティーゼリー、クリームチーズジェラート、白くサクサクとしたフィアンティーヌを重ねて、贅沢にとちあいかをカットしたものをトッピングしています」と話しました。

さらにフォトセッションでは、8年連続で「とちぎのいちご大使」を務め、今年誕生20周年を迎えるコリラックマが登場。コリラックマは、栃木ブランド農産物PR大使・とちぎフレッシュメイトの2人からパフェを「あーん」と食べさせてもらい、とっても嬉しそうな様子を見せていました。

オリジナルメニューは、全国展開する「Afternoon Tea TEAROOM」の16店舗と、宇都宮にある「ISLAND STONE COFFEE ROASTERS 宮みらい店」にて2月8日より販売。「Afternoon Tea TEAROOM」では、とちあいかを使ったサンドとパフェがセットになった『とちあいかづくしのスイーツプレート』が提供されます。紅茶付き2,500円(税込)で、各店舗で各日14:00から数量限定での販売となり、期間は2月8日〜21日までとなります。

「ISLAND STONE COFFEE ROASTERS 宮みらい店」では、とちあいかの特徴を活かしてごろっと贅沢に、最初から最後までとちあいかを堪能できる『とちあいかのパフェ』を販売。価格は1,650円(税込)で、販売期間は2月8日〜28日まで。

【「Afternoon Tea TEAROOM」ブランドサイト】
https://www.afternoon-tea.net/tearoom/