東京都民向けのGoTo東京キャンペーンが開始される予定です。東京都からも補助も出るということで、久しぶりにお出かけを検討している人もいるのではないでしょうか。おすすめお出かけスポットを考えてみました。

意外と混み合う自然エリア

東京の中で出かけるのなら、より自然がある奥多摩地域に行こうと考える人がいるかもしれませんが、同じことを考える人は大勢います。このエリアは夏場から大変な混みようで、昨年度の人出を上回るところもあるほどなので、注意が必要です。

また、高尾山近辺も秋の行楽シーズンなので混雑が予想されています。こうした自然のあるエリアなら宿泊してもいいと思う人が多いとは思うのですが、実は今回のGoToキャンペーン、日帰りであっても2500円分の補助が出るそうなので、宿泊しなくてもトクをするのです。

実は平日の都心がかなりの穴場

私は逆張りで東京駅周辺などの都心オフィスエリアに向かっています。この辺りは実は普段より人が少なめで、レストランも予約しやすく、静かでゆったりとした時間を過ごすことができるのです。その理由は、リモート勤務が広がり、このエリアに出勤する人が減っているからなのでしょう。東京に出張する人も普段よりは少なめなのかもしれません。

なので、今回の東京都内のGoToトラベルキャンペーンも、日帰りで都心のホテルのレストランを家族で楽しめたらいいなと考えています。たとえば高級ホテルの贅沢なアフタヌーンティーは、子どもたちは一度も味わったことがありません。これが2500円引きで味わうことができるとしたら、チャンスだからです。

都内ではないですが、以前、川崎の工場夜景をめぐるはとバスに乗車したことがあります。その時はコリアンタウンでの焼肉付きで、とても楽しめました。都内対象の日帰りバスツアーには、美味しい料理付きのプランがあるのでそれを利用するのも良さそうです。近々GoToEatキャンペーンが行われる可能性もあるということなので、適用条件をしっかり把握し、これらを上手に利用したいですね。

OZmagazineは近場お助け雑誌

OZmagazine (オズマガジン) 2020年10月号
Fujisan.co.jpより

都外にも気軽に出かけられる環境になったら、神奈川や埼玉や千葉などの近郊にも足を伸ばしてみたいものです。『OZmagazine』2020年10 月号では、真鶴や山梨など、行ってみたい近場の魅力を特集していて見ていてワクワクしてきます。

『OZmagazine』は多くの号で都内や都内近郊の美味しいお店や可愛いお店が特集されています。パン屋さんやお花屋さんなど、目で見て楽しめる企画もいくつもあります。近場にお出かけすることが多い今年は、活用の機会が広がりそうですね。