動きや動作を意味する『move(ムーブ)』。これを俗的に使用し、電車で荷台に荷物を載せるのに難儀している女子をさりげなく手伝う行動をイケメンムーブといったり、オンラインゲームなどでファインプレーを見せるプレーヤーの動きを理想ムーブといったりします。他にも○○ムーブはたくさんありますが、起源はプロレスにあるといい、それからゲームに置き換えて使われるようになり広がっていったといわれています。

とはいえ例示のような広義の神ムーブは選ばれし者が下心なく行うので神ムーブとして認められますがいまいち共感は薄い。私のように卑屈で選ばれぬ者は対極にあるクソムーブに共感してしまいます。では、どのような行動や挙動がクソムーブなのか? 今回は共感性羞恥のおすそわけ、実体験のクソムーブを紹介します。

リツイートで趣味をセルフ暴露してしまう事故

ツイッターでリアルな友達や仕事先と繋がるリアアカの他、趣味つながりの趣味アカもしくはサブアカなどいくつもアカウントを持っている人は少なくないと思います。リアアカはその性質上、本性は出しにくいものですがサブアカは嗜好から言葉遣いまで気持ち悪いくらいに人間性がむき出しです。このアカウントの切り替えの確認を怠ると悲劇がおこります。サブアカでいつものようにゴリッゴリのエロツイートをリツイートしたところ、リアアカにログインしたままでリア友や仕事仲間に拡散してしまうクソムーブ。見た相手もいじりづらいと思います。また「いいね(ファボ)」を押してもたまにFFのタイムラインに表示されるので同様の惨劇がおこります。

激怒クレーム!しかし…

新品で購入した家電製品。何度電源オンしても作動せず。高い買い物で今すぐ使いたいのに! と怒りにまかせてメーカーサポートにクレーム電話。「貴社の商品を購入してすぐに使用しようと電源を押しても作動しません。貴社の商品はこういった仕様なのでしょう?」という主旨の言葉をありったけの汚い語彙で詰めている最中、見つけてしまう事実、コンセントがささっていないことを。気付いたあと、テンションの収めどころが分からず解決しない風のままガチャギリしますが当然コンセントを挿し込めば解決。コンセントを挿した思い込み、確認ミスのクソムーブです。イケメンであれば電話の最中に非を認めるのでしょうが、そもそもクソムーブをおかす奴は謝罪プログラムが脳みそにありません。

クソムーブがおきてしまう端緒

そもそもなぜクソムーブをおかしてしまうのか? これは単純で「軽率・油断」「確認不足」「自意識過剰(思い込み)」「努力をしない」という表面上のことから、人間性の「高プライド」「知識・技術・体力の過信」「思いやりの欠如」「疑り深いくせに認めた後の妄信と信仰心」といったもう覆せない人格が起因しています。このクソムーブ体質の根底にあるのは、おそらく『イケメンへの未練』。幼少期に見た漫画、アニメ、ドラマの主人公が欠点はたくさんあるけれど最後は唯一の能力で難局を突破するかっこいい姿が刷り込まれていて、自分にダブらせているのだと思います。この能力が自分にも備わっているといつまでも思い込んでいるため、自分はイケメン(ハートや能力面でも)ではないと認められない未練が油断を生み、軽率にクソムーブがおきてしまうのだと思います。

予防策としては人間性は直しようが無いので先に上げた「軽率・油断」「確認不足」「自意識過剰」「努力をしない」を改めれば多少のリカバーはできるはずです。

時限式クソムーブ

直後には気付けず、あとから分かるクソムーブもあります――。

悩んでいる後輩をメシに誘い話を聞き「そんなことで悩むなよ〜」とほぐしてやる。しかしクソムーブの答え合わせはすぐにやってきます。その後輩は後日、違う先輩と飲みに行き、私が聞いたソフトなものではなくハードな悩みを打ち明け先輩は解決に導いたといいます。私の解決してやったというのは思い上がりで、そもそも後輩は私のことを頼りにも解決してくれそうとも思っていなかったことに悶絶――。このケースのどこにクソムーブがあるのかというと、私は先輩として味のしないガムである自覚を持たずメシに誘った事です。後輩にしたら断わりづらいでしょうし「こいつに打ち明けても解決しない」ということが分かっているにもかかわらず先輩をたてて「悩み相談のてい」をとってくれていたのでしょう。結果的に後輩の時間の消費や当たり障りのない悩みを用意させた私の「軽率・油断」「確認不足」「自意識過剰」「努力をしない」のフルコースクソムーブです。

ではイケメンならどうするのか?まずメシに誘う前に自分に解決できそうかやんわり聞き取りし、手に負えないものなら適任者を仲介する、です。

ひとくちクソムーブ

・自信あり分野の知識でマウントをとろうとしたら相手の方が博識で完敗

・オンラインゲームでフレンドに装備の助言を受けたのに余裕をかまし軽装で挑み玉砕。そして迷惑をかける

・卒業後、頼まれてもいないのに部活の後輩の練習に赴き先輩面

・気になる子が同じ空間にいる際、その子の好きなバンド名を聞こえるように声にして言う。なおバンド名以上の知識は無い

・スピーチを安請け合いしイキってアドリブで行くと宣言。現場で空気に飲み込まれ「……乾杯」しか言えない

ここまでの例を見て分かる通りクソムーブは「他人を苛立たせたり、迷惑をかけたりする行為」プラス「傍から見て恥ずかしい行為」といえます。また挙動不審ムーブ、陰キャムーブなどに枝分かれしていきますが、これらは説明しにくいというか心当たりのある特定の人の心を削りすぎてしまう可能性があるので過剰な解説はせずに終わりたいと思います。

今回、書いたもので嫌な記憶の扉を開けてしまい胸が痛くなったという方、かくいう私がそうなのであなたはひとりぼっちではありません。