カミーユとフォウに悲劇をもたらしたサイコ・ガンダム

『Zガンダム』に登場した機体のなかで、悲劇的なストーリーとともに視聴者の記憶に残るのが、「サイコ・ガンダム」です。重厚なデザインと圧倒的な火力を備えながらも、操縦者であるニュータイプや強化人間に大きな負荷をかける点が悲劇につながっていきます。

●MRX-009 サイコ・ガンダム

「MRX-009 サイコ・ガンダム」は地球連邦軍のニュータイプ研究所のひとつであるムラサメ研究所が開発したニュータイプ/強化人間用大型可変モビルアーマーです。モビルアーマー形態の全高は30.2メートル、モビルスーツ形態では40メートルを超えており、ガンダムMK-IIの18.5メートルの2倍以上の大きさを誇ります。第17話「ホンコン・シティ」で初登場した際には周囲のビルよりも背が高く、ガンダムMK-IIをはるか上から見下ろす姿で、まるで怪獣のような描写がなされました。

 モビルアーマー形態ではミノフスキー・クラフトによる飛行能力を備え、Iフィールドを装備しているためビーム攻撃に対する防御能力も極めて高くなっています。武装としては腹部に3連装拡散メガ粒子砲を備え、さらにモビルスーツ形態では指に搭載された10門のビーム砲及び頭部のメガ・ビーム砲が使用可能となります。まさに「要塞が如(ごと)し」です。出力は3万3600kWと、ガンダムMK-IIの1930kWの17倍以上を誇り、圧倒的な攻撃力を支えています。

 火器管制や操縦については脳波コントロールシステムであるサイコミュによって制御されているために、ニュータイプ/強化人間のみが操縦可能となっていますが、地球連邦が確保している強化人間のニュータイプ能力はそれほど高くはないため、サイコミュ・システムを巨大にせざるを得ず、機体の大型化を招きました。

 その圧倒的な戦闘力でカミーユ・ビダンを苦しめましたが、本機のサイコミュ・システムはパイロットのフォウ・ムラサメに極端な精神的負荷をかける仕様となっており、カミーユとフォウに交友があったことも影響し、安定した戦力として稼働するには難がありました。

 機体は2機が生産されており、1号機は宇宙に戻ろうとするカミーユのガンダムMK-IIを援護するためスードリに体当たりし、爆発に巻き込まれて喪失。2号機はキリマンジャロ基地での戦いに投入され、ジェリド・メサのバイアランによる攻撃からカミーユをかばった際に撃破され、フォウも戦死しました。行き過ぎた地球連邦のガンダム信仰が生み出し、悲劇ばかりをもたらす呪われた機体といえるでしょう。

サイコ・ガンダムMk-IIの禍々しいデザインを再現した、「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1003 サイコ・ガンダムMk-2」(BANDAI SPIRITS)

ネオ・ジオンに渡り『ガンダムZZ』にも登場した機体

●MRX-010 サイコ・ガンダムMK-II

 サイコ・ガンダムの実験データをベースに、ムラサメ研究所が開発した後継機が「サイコ・ガンダムMK-II」です。出力は1万9760kWとサイコ・ガンダムの3分の2程度に抑えられていますが、これはミノフスキー・クラフトをシールドに移設したためサブ・ジェネレーターが本体から分離されたのが大きな理由となっています。パイロットはロザミア・バダムです。

 武装はサイコ・ガンダムと同様に腹部メガ拡散ビーム砲を3門、さらに機体各部に20門のメガ・ビーム砲、頭部にも小型メガ・ビーム砲を装備しています。前腕部はジオングと同様に射出が可能であり、指先には10門のビーム砲が備えられています。手首を折りたたむとサイコミュ式ビーム・ソードを発生することも可能で、なおかつ大口径ビーム砲としても使用できます。

 また、磁気フィールドを用いてビームを反射させる無線誘導端末「レフレクター・ビット(リフレクター・ビット)」も装備していますが、『Zガンダム』本編では使用されず、『機動戦士ガンダムZZ』登場の際にプルツーが使用し、プルの「キュベレイMK-II」を撃墜しています。

 サイコ・ガンダムと同様にサイコミュ・システムを搭載しているためパイロットへの負荷は極めて厳しく、第48話で初登場となった際もロザミアの精神は不安定であり、ゲーツ・キャパを刷り込みにより兄と思わせて指示を出すという、変則的な運用が行われていました。

 それでもロザミアは指示を受けつけずにはぐれてしまい、Zガンダムと遭遇し交戦。リフレクター・ビットなどの装備を使いこなすことができない状態のロザミアに対し、カミーユは自分を兄と思わせて説得を試みますが失敗、やむを得ず撃墜してしまいます。

 破壊されたサイコ・ガンダムMK-IIは漂流中にネオ・ジオンが回収しており、地球連邦/ティターンズの最新技術がネオ・ジオンに渡るきっかけともなりました。その後は修理されてプルツーの乗機となり、ガンダムチームやプルと交戦しています。結果的に『Z』『ZZ』の両作品に登場した数少ないティターンズ製のモビルスーツとなりました。