初代のイメージが崩壊!

「ウルトラマン」シリーズに出てくる怪獣や宇宙人。昭和、平成、令和と幾度となくシリーズ中で再登場しては往年のファンを喜ばせ、そして新規ファンを増やし続けています。まさに円谷怪獣、宇宙人は永遠のスーパースターと言えるでしょう。

 とはいえなかには「再登場」したのに、どうにも評判が芳しくなかった、そんな悲哀たっぷりな子らもいるのです。この記事では昭和「ウルトラマン」シリーズを中心に特集しました(なおこの記事における「再登場」は「○代目」「改造」「ジュニア」など多くのバリエーションを含んでいます)。

 芳しくなかった代表例といえば心苦しくも『帰ってきたウルトラマン』の最終話に登場したゼットン2代目を挙げざるを得ません。初代ウルトラマンを倒した最強の宇宙恐竜ゼットンの再来。本編は絶望を絵に描いたような展開なのですが、2代目のビジュアルはなんともずんぐりとしており、初代ゼットンとは全く違う姿。最後もスペシウム光線で普通に倒されてしまうのです。リアルタイム世代からは大いに不評を買いましたが、今ではそうした部分も含めて愛されています。

 さらに初代の印象が強かっただけに、あまりの変容ぶりに視聴者を驚かせたのが『ウルトラマンタロウ』に登場したメフィラス星人2代目です。こちらも初登場は初代ウルトラマン。IQ1万超とされる知性を発揮し、「宇宙人同士が戦ってもしょうがない」と言い残して紳士的に去るなど、インテリ宇宙人という圧倒的存在感を放っていました。ところが、メフィラス星人2代目はどうにも様子がおかしいです。初代と比べると肥満体型で、色合いもやや派手。自動販売機に神経毒を持つ植物を仕込んで世界征服を企むなど、やり方も泥臭いうえに卑怯です。それを指摘されればかの有名な「卑怯もラッキョウもあるものか」というセリフで応酬しました。初代が作ったイメージを可能な限り壊した2代目ですが、彼がいたからこそ映画『シン・ウルトラマン』でのメフィラスがより映えたといっても過言ではないでしょう。

痩せほそり、目は赤色のみとなった改造ベムスター。画像は「大怪獣シリーズ ベムスター(改造)」(少年リック)

不思議な「アレンジ」をされてしまった再登場宇宙人

 初代とのビジュアルの変化が大きい「再登場」といえば『ウルトラマンA』に登場したメトロン星人Jr.です。初代は『ウルトラセブン』に登場。Jr.はその子供という設定。初代と比べて全面部分はオレンジ一色となり発光部分もありません。そして何より気になるのが顔中央にあるV字の切れ込み。常に笑っているようなビジュアルになっているのです。それでいて平気でTAC隊員の婚約者を殺害して憑依するなど残虐さも兼ね備えています。最期は真っふたつに切断され、内臓のようなものをこぼす様子はなんとも『A』らしい仕上がりでした。

 さて他にも『ウルトラマンタロウ』に登場した改造ベムスターも気の毒な子です。『帰ってきたウルトラマン』に登場した初代ベムスターは可愛らしさと怪獣らしさが見事にマッチした傑作怪獣に数えられていますが、改造ベムスターはその要素をこれでもかというほどに剥奪されています。痩せほそり、目は赤色のみ。改造されてしまった悲哀が絶えず漂っていたのです。それゆえに印象深い怪獣でありました

 平成以降、こと『ウルトラマンマックス』(2005年)からは過去の人気怪獣が大幅なアレンジなしで登場する機会も増えました。ここ数年でいえば『ウルトラマンZ』で『A』のバラバの再登場回はその絶妙なチョイス、そしてウルトラマンAの客演もあり大いに盛り上がりました。こうした事例からは、昭和の人気が芳しくなかった「再登場」の反省を感じざる得ません。

 とはいえ、今回紹介した再登場宇宙人・怪獣たちにはさらに今後、再再登場して活躍して欲しいと願うのがファンの良心的な姿勢なのかもしれません。