『チェンソーマン』1部登場キャラの復活は本当にあるのか?

 第1部のTVアニメが放送中の『チェンソーマン』は、続編となる第2部が「少年ジャンプ+」で連載されています。ファンが気になるのは、第1部で退場した人気キャラクターが、第2部で「再登場」するかどうかです。あるキャラは、死に際のセリフから「第2部で再び登場するのではないか」と予想されています。「ファンの間で交わされている「復活説」をご紹介します。

※この記事では『チェンソーマン』第1部のキャラの生死に関わる記述があります。

 第2部での再登場が予想されているのは、第1部で問題行動の多さにハラハラさせられながらも、「かわいい」と人気のキャラクターです。

 それは、デンジのバディである血の魔人・パワーです。ファンによる「週刊少年ジャンプ」の公式人気投票で1位になったこともある人気を誇ります。第1部ではデンジ、アキと共同生活を送っていました。整った容姿ではあるものの、虚言癖があり、自分のミスをすぐに人のせいにする自由奔放な性格ながら、闇の悪魔が怖くてデンジに「一緒にお風呂入ってえ……」と甘えるシーンも。まさに妹属性のキャラと言えるかもしれません。

 デビルハンターとしては超破天荒で好戦的、そして血を操るというチート能力を持ちます。そんなパワーが「初めてできた友達」とデンジを助けて命を落とした衝撃のラストには、多くのファンが涙しました。

 第1部で退場してしまったパワーですが、とある伏線により「第2部でパワーが復活するのではないか」とファンの間でささやかれています。「パワー復活」の伏線とは、最後にデンジに対して言い遺した「見つけてどうにか仲良くなって血の悪魔をまたパワーに戻してくれ」というセリフです。まるで兄妹のように仲の良かったデンジとパワーなだけに、ネット上では「デンジがパワーを見つける可能性が高い」と考察するファンが続出しました。

 一方、パワーの復活については「第1部のパワーではないかも」という意見もあります。パワーの正体は「血の悪魔」です。人間界で死んだ悪魔は地獄へ転生するので、おそらくパワーも地獄にいったはず。しかし転生後には記憶が失われるため、パワーはデンジのことを覚えていないと予想されています。パワー自身も「ワシはワシじゃなくなっとる」「だから次にデンジと会う事があっても敵としてじゃろう」と述べていました。

 ネット上では「少年の容姿をしている」という予想から「ゴリゴリのおっさんになっていたらどうしよう……」という予想までさまざま。しかしどんな状況であれ、またデンジと仲良くなってパワーの人格を取り戻してほしいという願いは共通しています。Twitterでも「デンジのバディはパワーしかいない」「マキマさんではなくパワーが真のヒロインだ」という声もあり、パワーの復活への期待が高まっています。